新スタイルのオーディション番組『The Voice』-いよいよスタート! - UsagyのアメリカンTV気まぐれウォッチング | TVグルーヴ オフィシャル・ブログ アーカイブ(更新終了)

UsagyのアメリカンTV気まぐれウォッチング


前の記事:
『BONES』のスピンオフ・エピソード”The Finder”デビューです!
次の記事:
『White Collar~天才詐欺師は捜査官』シーズン2完走!…そして現実にもこの”カップル”は存在した?!

新スタイルのオーディション番組『The Voice』-いよいよスタート!

(2011年4月27日)

TVGrooveニュースや、JULIEさんのブログでも取り上げられていた、『声だけで審査する』というブラインド・オーディション形式の『The Voice』の放送が、北米でスタートしました。


第一段階のブラインド・オーディション、審査員は4人。
クリスティーナ・アギレラ、カントリー歌手のブレイク・シェルトン、マルーン5のアダム・レヴィーン、グラミー賞受賞歌手シーロー・グリーンが、挑戦者に背を向けて座っています。

ChristinaAguilera04.jpg
左からブレイク・シェルトン、アダム・レヴィーン、クリスティーナ・アギレラ、シーロー・グリーン、人気テレビ司会者のカーソン・デイリー Andrew Evans / PR Photos

彼らは、挑戦者の中からそれぞれ8人を選び、自分のチームに迎え入れることができます。
チームが決定したら、ライブパフォーマンス部門の審査へと移行し、審査員は”コーチ”となり、自チームの歌い手を指導していくことになります。

ブラインド・オーディションの形式はシンプル。
歌い始めた挑戦者の声を聞いて、『うちのチームに欲しい!』と思ったら赤いボタンをプッシュ!
すると椅子がぐるーーっと回転して、パフォーマーの方に向きます。

複数の審査員が”回転”した場合、パフォーマーはその中から自分が入りたいチームを選ぶことになります。
そう、”審査員に選ばれる”だけでなく”自分で選ぶ権利”があるんです。むかーーーしの「スター誕生」でたくさんのレコード会社が札を上げるような感じ?!知ってる方、いらっしゃるかしら……
これはこれで、また大変そうなんですよ。
だって、クリスティーナ・アギレラとマルーン5のアダムの両方から、「あなたを是非私のチームに迎えたい!」と熱烈ラブコールを受けたら、どっちを選んだらいいの?!ってパニクりませんか?(笑)
中には、4人全員を振り向かせてしまった人もいて、皆、最初は喜ぶんですが選ぶ段になって途方に暮れてました。

今晩放送された2時間プレミアでは、それぞれのチームが3人ずつ獲得したところまででした。
歌い手も見てるほうも、「誰か振り向いてーー!」とドキドキしますが、今回は特に、アダムがなかなか振り向かなくて、一体誰が最初にアダムを振り向かせるのか?!…というところがスリリングでした。
(追加訂正)→と思ったら、私が見逃してた最初の10分間に振り向いてたんですが、選んでもらえなかったんでした…他が着々とチームメンバーを増やしてるのに、アダムチームだけ出だしが遅れてしまった…という感じでした。翌日の再放送を見て、改めて気づいた次第…失礼しました!

ただし、気になりますのは『各チーム枠8人ずつ』と決まっている…ということは、8人枠が埋まった後に出てきたパフォーマーを聞いて、やっぱりこの人が欲しかった!となった場合は、もう諦めないといけない、ってことになりますよね。トレード制とかがない限り…(笑)
そうなると、振り向くタイミングも難しいんじゃないかなー?と思いました。

審査員が、次の段階では指導者でありチームメートになる、というのは面白いですね。
でも、チーム同士の戦いとなるので、コーチは自チームが勝つためにはチーム内で競わせ、振り落とすことを考えなくてはならない、という部分も出てくるわけで、またシビアな場面が繰り広げられるのでは……と想像します。


アメアイAmerica's Next Top ModelサバイバーS22アメージング・レースS18(敗者復活戦編)…とリアリティ・ショー目白押しの今、新たに『The Voice』が加わって、あちこちのTV局で様々な闘いが繰り広げられている4月。
そして5月からは、帯ドラマのシーズンファイナルが押し寄せて来ます。
また、番組表に振り回される日々がやってくるなあ………。


前の記事:
『BONES』のスピンオフ・エピソード”The Finder”デビューです!
次の記事:
『White Collar~天才詐欺師は捜査官』シーズン2完走!…そして現実にもこの”カップル”は存在した?!

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
https://tvgroove.biz/mt/mt-tb.cgi/1931

コメント

>エミー様

Saraさんと仰るのですね。教えてくださってありがとうございます。
来週の放送、心待ちにしています!

日本が元ネタのゲーム番組ですが、人間テトリス?みたいなのもありました。色んな形の穴が開いている壁がプレイヤーに迫ってきて、穴にあわせた形を身体で作ってすり抜けるっていう奴です。
「マジで?」っていう、プレイヤーが日本に来て日本でゲームショーに参加するというコンセプトの番組もありました。
こうして見ると、日本のゲームショーって世界にもアピールするもんなんですね!

投稿者:usagy |2011年5月 1日 03:57

Usagyさん、
探しながら見ててくださったんですか、ありがとうございます!
はい、来週です!Sara Oromchiと言います。ドキドキですが・・>_
応援ありがとうございます!来週もよろしくお願いします!

「風雲!たけし城」・・・うちの弟がよく見てた気がします。
私は既にアメリカに留学に来てしまってた頃と思うので、よくわからないのですが、
そうなんですか、日本が元ネタのゲーム番組よくあるんですね~~~

投稿者:エミー |2011年4月30日 16:13

>エミー様

はじめまして。
コメントありがとうございます。
Julieさんのブログでエミーさんのコメントを見せて頂いていたので、『The Voice』が始まったとき、娘さんらしき方はいないかしらと探しながら見ていました!
来週の登場なんですね。楽しみにしています。
全米から集まって絞り込まれた62人の中に残られたとは、娘さんも素晴らしいですね。

スタ誕、ご存知ですか!(笑)
こっちで見るリアリティショー、たまに「あれ?なんか見たことある気が」と思うと日本が元ネタだったりするんですよね。今は「Wipeout」という視聴者参加型体力系勝ち抜きゲームを放送していますが、私には「風雲!たけし城」を思い出させます。好評みたいで、アメリカ版に続きカナダ版も始まりました。

では、来週の『The Voice』の放送、娘さんを応援しながら観ますね!

投稿者:usagy |2011年4月29日 18:09

Usagyさん、はじめまして。
Julieさんのブログにもコメントさせて頂きました♪
The Voiceには、うちの18歳の娘が出てるんです。
娘は来週登場するようで、ドキドキです~>_ 予告編に一瞬映りました。

そうなんです。おっしゃるとおり、コーチ1人につき、8人しか
選べなので(62人の中から)、コーチは皆、とっても慎重です!
このオーディション受ける人たち、皆本当に素晴らしい声の人たちばかりだし。

そして、スター誕生、わかりますよ~(^^;
こういうオーディション番組やリアリティショーは、日本のほうが先だったよね~
っていつも思いながら見てます。

The Voiceの視聴率がとてもよかったようで嬉しいです!
来週も多くのかたに見て頂けるといいなぁ~

投稿者:エミー |2011年4月28日 22:39

最近の記事

▲ TOP