エリック・デインの名誉挽回作?14年冬のTCAプレスツアー - ハリウッドなう by Meg | TVグルーヴ オフィシャル・ブログ アーカイブ(更新終了)

ハリウッドなう by Meg


前の記事:
「パーセプション」女医版?14年冬のTCAプレスツアー
次の記事:
スティングとジェイソン・モモアの共通点?14年冬のTCAプレスツアー

エリック・デインの名誉挽回作?14年冬のTCAプレスツアー

(2014年3月11日)

今夏、TNT局で始まる「The Last Ship」は、謎の細菌で人類壊滅の危機に瀕する地球を救おうと奔走する、米海軍駆逐艦ネイサン・ジェームズ号を描くポストアポカリプス・ジャンルのドラマです。2012〜13年シーズンにABCが放った「Last Resort」と類似していますが、本作は生存者にワクチンを届けなければ人類が滅びるという、更なるプレッシャーがかかっています。

The%20Last%20Ship.jpg
プレスツアーに駆けつけた(左から)サム・スプレル、チャールス・パーネル、デイン、ローナ・ミトラ、クリスティーナ・エルモア、マリッサ・ニートリング、トラヴィス・ヴァン・ウィンクル、アダム・ボールドウィン、ジョン・パイパー=ファーガソン John Sciulli/WireImage

演習に出ている間に海上の孤島と化した駆逐艦を率いるのは、トム・チャンドラー艦長で、勇ましい海軍大佐チャンドラー役に登板したのは、「グレイズ・アナトミー 恋の解剖学」でマーク・スローンを演じたエリック・デインです。

mimura97my.jpg
スキャンダルを知らずにマーク・スローンを観ている限り、「グレイズ」のキャラの中では、人間として成長した稀少な存在だった。デインが心配するほど、イメージは落ちていないと思うのだが、心の痛手は明らかだった。 Andrew Evans / PR Photos

悪名高きスローンから誇り高き将校への180度転換について、「スローンは楽しい役だったけど、今回の役の方がしっくり来る。いつまでも、悪ガキの役はやってられないからね。チャンドラーは誠実で、高尚な人物。嘘のない演技でこのキャラを演じられるか不安だけど、スローンとはたっぷり『間』置いたつもり」とデインが答えました。

スローン時代に、スキャンダルが勃発したことは周知の事実なので、「間」は意図的だったのか?スローンの強烈なイメージを打ち破ることができなかったため仕事がなかったのか?など意味深の質問が続きました。「乗り越えられたかどうかは、まだ解らない。乞うご期待!と言いたい」と答えたデインの表情に翳りを読み取ったのは私だけでしょうか?

とは言うものの、「グレイズ」降板2〜3週間後には本作パイロットの撮影に入った、シリーズ化が決まるまでに1年かかった経緯を指摘されると、デインの意図的な「間」ではなかったことが明らかです。脚本を任されたハンク・スタインバーグ(「FBI失踪者を追え!」のクリエイター)は、「勇壮な軍人姿が、スローンと重なることなど絶対にない」と助け舟を出しました。パイロットを観た限り、デインの名誉挽回作になるのでは?と思いました。

もう1本、夏の新番組「Murder in the First」で輝いているのは、イアン・アンソニー・デイルです。「THE EVENT/イベント」のサイモン・リー役が頭にこびり付いていて、てっきり中国人だとばかり思っていましたが、パネル後に歓談する機会に恵まれました。

Murder%20in%20the%20First.jpg
プレスツアーに駆けつけた(左から)スティーブン・ボチコ、エリック・ローダル、ロンバルド・ボイヤー、トム・フェルトン、ベス・ルー、テイ・ディグス、キャスリーン・ロバートソン、ミミ・カークランド、デイル、ラファエル・スバージ、リチャード・シフ、スティーブン・ウェバー
John Sciulli/WireImage

お母さんが神戸出身と聞き、話が弾みました。お父さんが、フランス人とイギリス人のハーフということ、ミネソタ州出身で、アジア人特有のアクセントがない英語を話すこと、180センチ余りの長身で細身のモデルっぽい体型であることなどが、余り出番は多くなかったにも関わらず、輝いていた理由でしょう。

本作では、サンフランシスコ市警察殺人課のジム・コト警部補を演じますが、元々50歳近い白人男性キャラとして描かれていたそうです。それでもオーディションを受けて、アジア系人口の割合から見れば、いずれ市長になる野望を抱く、出世街道まっしぐらの若き日系青年の方がふさわしいキャラだと説得に成功したと打ち明けてくれました。

mimura98my.jpg
部下思いのコト警部補(デイル)がシーズンを通じてどのように変わって行くかが大いに楽しみだ。 Andrew Evans / PR Photos

主役はテリー・イングリッシュ刑事(テイ・ディグス)とヒルディー・マリガン刑事(キャスリーン・ロバートソン)のコンビですが、1人の容疑者を10話で追い、逮捕、起訴、裁判までを描く形態になっています。パイロットでは、臨終の床に伏した妻を抱えるイングリッシュ刑事を思いやる、優しい上司として描かれていますが、今後コト警部補がどう変わって行くのかがとても楽しみです。

mimura99my.jpg
イングリッシュ刑事役はテイ・ディグス(左)、マリガン刑事はキャスリーン・ロバートソンが演じる。 MJ Photos, Andrew Evans / PR Photos


前の記事:
「パーセプション」女医版?14年冬のTCAプレスツアー
次の記事:
スティングとジェイソン・モモアの共通点?14年冬のTCAプレスツアー

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
https://tvgroove.biz/mt/mt-tb.cgi/2500

最近の記事

▲ TOP