キャスリン・ビグロー監督「ハート・ロッカー」 アカデミー賞受賞に感激!! - 清水久美子のライターズ・プレイス&海外ドラマのイケメンをチェック! | TVグルーヴ オフィシャル・ブログ アーカイブ(更新終了)

清水久美子のライターズ・プレイス&海外ドラマのイケメンをチェック!


前の記事:
祝「CSI:ニューヨーク」100話! & 「ウルフマン」記者会見
次の記事:
イケメン三昧♪

キャスリン・ビグロー監督「ハート・ロッカー」 アカデミー賞受賞に感激!!

(2010年3月11日)

締め切りに追われていたため、ブログに書きたいことが次々と頭に浮かんでいたのに、なかなか書けませんでした(> <)
今ちょっと一段落したので、まずはアカデミー賞について(^^)
usagyさんが受賞式直後にレポートを書いていらっしゃいますが、私も仕事をしながらWOWOWの生中継をチラチラ見ていました。
同時通訳放送なので、同日の夜(日本時間)に放送される字幕バージョンを後でしっかりチェックしようと思いつつ。

自慢ではないのですが、主要部門はすべて予想どおりでした(*^^*)
でも、いろいろな人の予想をいろいろなところで耳にしていたので、自分の予想だったのか、人の意見に左右されたのかは定かではないです(^^;)

ただ、作品賞と監督賞は、完全に私の好みと期待から絶対「ハート・ロッ
カー
」!!と、希望的な予想をしていました。

1月に「アバター」を見て、ラッキーなことに2月の頭に試写で「ハート・ロッ
カー
」(マスコミ試写、物凄い混雑でした)を見ることができたのですが、後者にかなり心を持っていかれたのです。
私、戦争映画は見るのが辛くて、あまり得意ではないのですが、この映画はほかの作品と全く違いました。
政治的なメッセージなどはなく、戦場のリアルな現状をそのまま伝えている。
危険に身を置かずにはいられない主人公の心情が痛いくらいに伝わってきます。
本当に骨太な作品で、一瞬たりとも画面から目を離すことができませんでした。
キャスリン・ビグロー監督、素晴らしいです!

追記:主人公の妻(元妻?)を「LOST」のエヴァンジェリン・リリーが演じています。
KathrynBigelow.jpg
キャスリン・ビグロー  Bob Charlotte / PR Photos

受賞後、「いつか『女性監督として』という質問を受けない日が来てほしいと思います」とコメントしていましたが、男女関係なく、本当に凄い人だと思いました。尊敬します。

私、キャスリン・ビグロー監督の映画で、キアヌ・リーヴスと今は亡き「BEAST」のパトリック・スウェイジ主演の「ハートブルー」が大好きで、もう何度も何度も見ているのですが、アクション・シーン(特に空を舞うシーン)は、私にとって一生忘れられない名シーンとなりました。


今回は作品賞のノミネートが10作品あり、そのほかの賞にもノミネートや受賞したもので見たい映画がたくさんあって、追いつけるか心配です(^^;)
主演&助演の男優賞、女優賞ともに納得の結果でしたし、本当に見たい映画が増えました!

あ、「イングロリアス・バスターズ」は昨年11月に見た作品だったので、クリストフ・ヴァルツの名演を知った上で、受賞を喜べてよかったです(^^)
レッドカーペットのWOWOWの取材(「マジデ~」の神田瀧夢さんが滝川クリステルさんと一緒に担当してました)で、多くの言語を話せるという話題に対して、クリストフは「でも日本語は出来ないんですよ~。今日取材されると分かっていたら、今朝覚えてきたのに」と口惜しげな表情をした後で、「あ、でも一つだけ知ってます」と言うから、こんにちはとかありがとうかなと思っていたら、
ワタシハ、ココニイマス
って、ちゃんとした文章じゃないですか!! やっぱり彼はタダモノじゃないですね(^^)


前の記事:
祝「CSI:ニューヨーク」100話! & 「ウルフマン」記者会見
次の記事:
イケメン三昧♪

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
https://tvgroove.biz/mt/mt-tb.cgi/1227

この一覧は、次のエントリーを参照しています:
キャスリン・ビグロー監督「ハート・ロッカー」 アカデミー賞受賞に感激!!

»お薦め映画『ハート・ロッカー』
骨太な作品で、センチメンタルな表現は一切ない。今まであまり知られていなかった爆発物処理班の仕事において、彼らがいかに危険で過酷な状況の中、使命感を持って仕...

送信元:♪心をこめて作曲します♪|2010年3月11日 11:32

コメント

tanuki、「ハートロッカー」はガーンときます! ぜひ見てくれるといいな、と思います。

>眼鏡が超鬱陶しいし
私もかなり苦手です。今後も3D映画、どんどん増えるそうだけど、私も普通のでいいなぁと思う一人です(^^;)

投稿者:しみず |2010年3月21日 03:33

WOWOW見られないので、アカデミーはチェックしてないのですが、ハートロッカーそんないい映画なのね。戦争映画は嫌いなので見るつもりなかったのですが、、、機会があれば見ます!
アバター、見られました!楽しかったのですが私には3Dはいらないかな、と。眼鏡が超鬱陶しいし、3Dもそんなに感動!ではなかったのです。。。普通に見た方が楽しめた気がします。世間ではそんなに3D受け入れられているのかしら??

投稿者:tanuki |2010年3月20日 20:46

usagyさん、こんにちは(^^)
今回の結果、特に男優と女優は「この人が取るだろう」という雰囲気じゃなかったですか!? なので、どんでん返し的なサプライズはなかった気がしました(^^;)
作品賞や監督賞、脚本賞は、ただ本当に「ハート・ロッカー」に取ってほしくて、期待をかけたんです♪
だから、クジ運はなさそう(笑)

助演男優賞は式が始まってすぐに発表ですが、安心し切ってました(*^^*)ほかの候補は気の毒ね~というくらい、クリストフ・ヴァルツが素晴らしかったから!
一応(失礼)主演のブラピ、見当たりませんでしたが式に来てなかったのかしら?? ほかの出演者は結構来てたのに。

>1日1回の上映で、2時間待ちだったの…
それは、あんまりですね!(涙) 再度上映してくれるよう願います。

投稿者:しみず |2010年3月11日 17:20

主要部門全的中スゴイですね!宝クジも買わないと!!!(笑)
『イングロリアス・バスターズ』のクリストフ・ヴァルツは、本当に名演でしたよね。やはりタダ者ではなかったか…。だってね、映画を観たとき、彼の演技しか記憶に残らなかったんですよ。CMではブラピが主演…的な描き方だったので、てっきりそうかと思ったら…思わぬ伏兵、というか、タランティーノ監督の狙いか?と思ってしまいました。クリストフ・ヴァルツは、まさに見事なハマリ役でした。これで彼がオスカー取れなかったら、私、暴れてたと思います(笑)。
『ハート・ロッカー』清水さんの感想を読んで、是非見たくなりました。今となっては映画館の前まで行って引き返した(1日1回の上映で、2時間待ちだったの…)のが悔やまれすぅぅぅ。。。

投稿者:usagy |2010年3月11日 13:19

最近の記事

▲ TOP