「THE MENTALIST メンタリストの捜査ファイル」シーズン2、第16話のジェーンはいくらなんでも…… - 清水久美子のライターズ・プレイス&海外ドラマのイケメンをチェック! | TVグルーヴ オフィシャル・ブログ アーカイブ(更新終了)

清水久美子のライターズ・プレイス&海外ドラマのイケメンをチェック!


前の記事:
高身長の主人公が素敵!「CHUCK/チャック」と「ヤング・スーパーマン」
次の記事:
火曜日は大好きなリアリティショーの日♪

「THE MENTALIST メンタリストの捜査ファイル」シーズン2、第16話のジェーンはいくらなんでも……

(2011年9月 6日)

THE MENTALIST メンタリストの捜査ファイル」シーズン2、第16話「コード・レッド」について書きます。
まだ見ていない人は、ご注意を!!








ジェーン(サイモン・ベイカー)の型破りな捜査は、毎回面白いけど、このエピソードは、ちょっとやりすぎだよ~(> <)

Simon-Baker01.jpg
サイモン・ベイカー Albert L. Ortega / PR Photos

もう、テレビに向かって突っ込みまくりでした(苦笑)。

パソコンの画面越しに、被害者の娘を励ましたところまでは良かった。
その後、危険物がいっぱいある部屋の戸棚を勝手に開けて触ろうとするし、ウィルスの部屋の扉も開けちゃうし(開いちゃったらダメなんだけど)、あぁぁ、危ない、やめて……、と本当にハラハラしました。

さらに、あの方法で犯人を割り出すのは、あんまりですよ!
あんなに大勢の職員、そして彼らが連絡したであろう家族や大切な人々を巻き込んで……。
どれだけの人が、少しの間とはいえ、ものすごく辛い思いをしたのかと思うと。。。

リズボン(ロビン・タニー)に殴られて当然です!!

Robin-Tunney01.jpg
ロビン・タニー Pixplanete / PR Photos

まぁ、鼻は折れてなかったし。ちっとも懲りてないんでしょうね。

憎めないキャラクターなんでしょうけど、近くにいたらキーッてなっちゃうだろうなぁ。

ジェーンさん、どうかほどほどに!


前の記事:
高身長の主人公が素敵!「CHUCK/チャック」と「ヤング・スーパーマン」
次の記事:
火曜日は大好きなリアリティショーの日♪

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
https://tvgroove.biz/mt/mt-tb.cgi/2074

最近の記事

▲ TOP