素晴らしいパフォーマンスの数々に酔う!-『Sing-Off』シーズン2プレミア - UsagyのアメリカンTV気まぐれウォッチング | TVグルーヴ オフィシャル・ブログ アーカイブ(更新終了)

UsagyのアメリカンTV気まぐれウォッチング


前の記事:
ランチに出かけりゃロケに当たる?【その3】-三度目の正直…出かける時は忘れずに!
次の記事:
”歌手”マシュー・ボマーの晴れ舞台は豪華絢爛!-THE 33RD ANNUAL KENNEDY CENTER HONORS

素晴らしいパフォーマンスの数々に酔う!-『Sing-Off』シーズン2プレミア

(2010年12月 8日)

NBC系で昨年放送されて好評だったSing-Offシーズン2が、12月6日に始まりました!
プレミアは2時間枠の放送です。

NBCオフィシャルサイト『Sing-Off』


ア・カペラは、本来の意味は違うそうですが、一般的に広く認識されているのは、ご存知のように無伴奏で歌うコーラス、という形態。
楽器も伴奏も何もなくて、人がいるだけでその場でパフォーマンスが出来てしまう、なんてカッコいいですよね~!

今回のプレミアに登場したのは以下の10グループですが、いずれ劣らぬ全米のトップ層に属するグループです。それなのに、その中から更なるトップをかけてパフォーマンスをするわけですから、クオリティの高さはハンパじゃありません。
素人の私からしてみれば、『どうやったらこの中から一番なんて選べるんじゃー!』と暴れたくなるぐらい甲乙付け難いレベルです。
実際、3人の審査員たちも、鳥肌が立つほどの素晴らしい歌声を次から次へと見せられて、文字通り頭を抱えていました。
審査員の一人、Boyz II MenShawn Stockmanに至っては、何度も絶句したあげく『Sing-Offってスゴイ番組だと思うんだけど……これはちょっともう…』と、審査員泣かせの番組だと言わんばかりの悩みようを見せていました。

ShawnStockman.jpg
ショーン・ストックマン richard shotwell / PR Photos

The Backbeats-USCとUCLAの大学トップボーカリストを集めて作られた、まさにトップ中のトップグループ。メインボーカルの女の子の声がすごく魅力的。声域も広くて、審査員のShawnが観客に向かって『これがどんなに物凄いことか君たちに判るかい?!』と叫ぶ場面もありました。
Eleventh Hour -オハイオ州の高校生グループ。すでに全米トップのアワードを2回も受賞している実力満点の男女混合ア・カペラグループ。
Pitch Slapped -多くの有名ミュージシャンを輩出してきたボストンのバークリー音楽大学の学生によるア・カペラグループ。まさに生Glee(笑)を見ているようでした。
Groove For Thought -JazzとR&Bを得意とする男女6人の大人感溢れるグループ。すでに2つのメジャーなア・カペラ賞で全米トップを獲得しています。
Men of Note -ニュージャージー州の6人の男子高校生グループ。全米最優秀高校ア・カペラグループとして3度の受賞歴がある彼らのパフォーマンスは、プロ顔負けです。
Street Corner Symphony -テネシー州ナッシュビルから来た2組の兄弟で結成されたグループ。なんと2010年の5月に結成されたばかりだそうですが、さすが兄弟、息の合いっぷりは見事。
On the Rocks -オレゴン大学の男子学生グループ。今回のプレミアでも披露した彼らの歌うレディ・ガガの『Bad Romance』はウェブで650万を超える閲覧記録を持つそうです。
Committed -アラバマ州ハンツビル出身の6人の男子グループ。2003年、高校の同級生同士で結成され、大学進学後も一緒に活動してきた彼らはプライベートでも仲が良いそう。メインヴォーカルの子の声を、Shawnがベタ誉めでした。
Jerry Lawson & Talk of The Town -有名なア・カペラグループThe Persuasionsで40年間活動してきたJerry Lawsonが、Talk of The Townにジョインして結成されたベテラングループ。一瞬ですが、内山田洋とクールファイブみたいな絵づらだなぁと思ってしまった… 審査員がJerry Lawsonに『あなたがこの会場にいる全ての人たちにインスピレーションを与えてくれたんです』と言うシーンは感動でした。
The Whiffenpoofs of Yale- 名門イェール大学の学生による100年の歴史を持つ、ペンギンスーツがトレードマークのア・カペラグループ。毎年3ヶ月間に渡ってワールドツアーも行うほどの有名グループで、日本公演もしています。


どのグループのパフォーマンスも、鳥肌ものだったんですが、私が口をアングリさせてしまったのは、イェール大学のThe Whiffenpoofs(ウィッフェンプーフス…って読むみたいですね)MIKAの『Grace Kelly』という曲をアレンジして歌ったんですが、これがまたスゴイ…。
観客全員スタンディングオベーションでしたし、審査員も『今何が起こったのかよく判らない…』と言うぐらい圧倒されてました。

NBCのオフィシャルサイトでも、動画が見られますが、フルエピソードは、アメリカ国内からしか見られないみたいです。試したけどカナダからは見られないので、多分国外からはアクセスできないかも…。
でも、ハイライトの部分だけ拾ったビデオクリップは見られました。
パフォーマンスの一部も見ることが出来ます。
あとは、どのグループも結構有名なので、ネットで検索すれば動画も出てくると思います。
これから本格的なクリスマスシーズンのバンクーバー。
レギュラー枠のTVドラマもそろそろ年末年始の放送休止期間に入ったりするので、しばしホリデーシーズン特別番組で、冬の夜長を凌ぎたいと思います。



前の記事:
ランチに出かけりゃロケに当たる?【その3】-三度目の正直…出かける時は忘れずに!
次の記事:
”歌手”マシュー・ボマーの晴れ舞台は豪華絢爛!-THE 33RD ANNUAL KENNEDY CENTER HONORS

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
https://tvgroove.biz/mt/mt-tb.cgi/1713

最近の記事

▲ TOP