【DVDレビュー】「White Collar Season1:DVD」(北米版)-来た、見た、叩いた…そして知る驚愕の真実 - UsagyのアメリカンTV気まぐれウォッチング | TVグルーヴ オフィシャル・ブログ アーカイブ(更新終了)

UsagyのアメリカンTV気まぐれウォッチング


前の記事:
【夏シーズン新番組-その2】「The Good Guys」-ちょっとイケてない”あぶ刑事”?でも、いい奴らなんです!
次の記事:
【夏シーズン新番組-その3】「Rookie Blue」-アメリカ進出のカナダ産ドラマ早くも日本上陸決定!

【DVDレビュー】「White Collar Season1:DVD」(北米版)-来た、見た、叩いた…そして知る驚愕の真実

(2010年7月23日)

待ちに待った、「White Collar」Season1のDVD(北米版)が手元に届きました。
注文してから数ヶ月…その間、イロイロなことがありました。。。
これで私の闘い(?)にも決着がつくかと思いきや…。

WhiteCollarCast.jpg
「White Collar~天才詐欺師は捜査官」キャスト、左:ティム・ディケイ、右:マット・ボマー Alan Hess / PR Photos

さすが、White Collar~天才詐欺師は捜査官というだけあって、DVDも一筋縄では行かなかったのです…。


DVDが手元に来た日は運良く休日。
ワクワクしながら、第1話をコメンタリー付きで見ましょう!と、デッキにセットしました。

杖もしっかり持ちました。

なんで杖?と思われるでしょうが、現在、我が家ではDVDを見るには杖が必須アイテムなのです。

ウチにはDVDデッキが2つあります。1つはHDレコーダーと一体になったDVDデッキ。でもこれはもう、買って3ヶ月後ぐらいから壊れ始め、今やまったくディスクを認識しません。ついでにフロントローディングが出たり引っ込んだりし続けて止まりません。なのでガムテープで口を塞いでます。

もう1台は日本から持ってきたマルチリージョンのDVDデッキですが、もう10年以上前のものです。
相当ガタが来ていて、音はすれども姿が見えず、という状態になることが頻繁にあり、機械を叩くと映像が復活する…また消える…叩くと復活する…という繰り返しで、こんな冗談みたいな状況を切り抜けないとDVD鑑賞がままなりません。
最初は指で叩いてたんですが、そのうち指では言うことを聞かなくなり、掌で叩くようになり、次には拳で叩かないと応えなくなり……
とうとう手を傷めたので(本当)、杖にスイッチしました。杖は、去年ちょっと足を怪我した際に、手に入れたものです。

杖を片手にスタンバイし、わくわくしつつWhite CollarのDVDを見始めたんですが。


あれ…あれ……?


違ってる!

私が知っているパイロット版と、明らかに編集が違っているのです!!
それも、ちょっとやそっとじゃない違いです。
幾つか抜粋してみます。

■ニール脱獄劇の後、ケイトのアパートでピーターに捕まるシーン。

ニールが持っていた、ケイトが残したワインボトル……私が見たカナダ放映バージョンでは、ラベルが「緑色」でした。ロゴも違っています。
実はこれを見たとき、『…地図が浮き出てきたときは白っぽかったような気がしたけど…ラベルを剥がしたのかな?』と疑問に思ったんですよね…。DVD版を見たら、明らかに違うラベルでした。

→DVD版ではベージュ色。


■USマーシャルに連行される直前。

ニールは、ボトルを「刑務所には持っていけないから、預かっててくれ」と言って、ピーターに託します。そして、ニールが釈放される日、ピーターはボトルを持ってニールを迎えに行きます。

→DVD版ではカットされてる。


■FBIオフィスにて、ピーターがダイアナに「ニールの机に案内してやってくれ」と言い、ダイアナとニールの会話シーンがあります。
『ドナルド・トランプのオフィスのすぐ裏にオフィスを借りてたなんてイイ度胸してるじゃないの』とか言われてました。

→DVD版では、Deleted(削除)シーン集に収録されています……いや…でも…私が見たのは削除されてなかったよ…?


■ピーターが「お友達(モジー)に会わせろ」とニールに迫り、ニールは渋々ながら承諾します。
翌朝、二人はモジーに会いに行き、ピーターは何故モジーが犯人のアジトを突き止めたのか情報源を探ろうとします。ちなみに、モジーはロックスミス(鍵屋)を経営しています。

→DVD版ではカット。

つまり、DVD収録のオフィシャル・パイロット版においてはピーターはモジーに会ってないんですね。

道理で変だと思ってた…。
後のエピソードで、ピーターとモジーが対面するシーンがあるんですが、そこで「もっと背が高いかと思ってた」とピーターがモジーに言うんですよね。
しかも、とっても初対面風。
考えてみれば、「は?あんたたち、もう会ってるでしょ?今のヘンじゃない?もしかしてお互いに、ものすごくトボけてるの?」と、非常に不思議な印象ではあったんですが……。その時は、私の英語能力が足りないせいで理解できないんだわ…と思ってスルーしてしまってたんでした。


■明らかにパイロット版の長さが違っています。

私がTV放映で見たのは、”前編”と”後編”の2話構成(2時間放送)でした。

→DVDでは、1話編成でロングバージョン。


不思議に思って調べてみたところ、どうやらカナダだけではなく、他の国で放送されたバージョンにもカナダと同じ編集のものがある様子。
何でそんなことになったのかは判らないですが、はっきりしてるのは、カナダ放映版はオフィシャル編集版と違って、いわゆる『幻のパイロット版』とも言えるバージョンだったということです。
DVDにはいっていたコメンタリーによれば、パイロット版(第1話)と第2話の間には、ほぼ1年間のブランクがあるということなので、その間に複数の編集パターンができてしまったのかもしれません。
オフィシャルには誰も答えてくれてないので、真相は判らないんですが…。


誰も答えてくれてないと言えば、DVDボックスには4枚入りなんですが、その4枚目にオマケ映像が色々入っています。
NGシーンを含めたギャグReel(出演者が歌ってたり踊ってたりして楽しそう)や、俳優と製作者のインタビュー集、衣装担当の人の特集などなど。
インタビュー集『Pro and Con』は、”ニール・キャフリー”への「Pro and Con=賛否両論」を集めたクリップです。(タイトルが「Pro=ピーター、Con=ニール」にも掛けてあるような感じでシャレてますね)
その中に、ピーターがニールの頬にキスしてる写真が紛れ込んでいて、これまた仰天。
とはいえ、パイロット版の編集が余りにも別物であったという衝撃が尾を引いていたので、このキス写真の衝撃度はそれほどではありませんでしたが(笑)。
……でも、これについても、誰もコメントしてくれてないみたいで、Jeff EastinのTwitterでもスルーだし、いったいどういうことなのかしらと疑問に思うことしきり。


まー、そんなこんなで、心穏やかにDVDが見られると思ってたら全然そうは行かず、心は千々に乱されてしまったのでした。

あーーーーーびっくりしたよ…(色々)。


その後、洗濯に行ったら(こちらのアパートは、大抵アパート内にランドリールームがあって、コインやプリペイドカードなどで使えるようになっています)もう5年ぐらい前から調子が悪くて、貴重な25セント硬貨を飲み込んで返してくれない時もある乾燥機が、またもや拗ね始め、コイン投入口にことごとくコインが詰まってしまいます。
大家に言ったら、

『コインが通るまで、脇を叩けばいいから』

こっちも叩くんかい!!
バンクーバーでは、DVDも乾燥機も叩けば使えるという昭和の文化(?)がまだ息づいているようで……。

註)脚色ではなく、紛れもない真実です。




前の記事:
【夏シーズン新番組-その2】「The Good Guys」-ちょっとイケてない”あぶ刑事”?でも、いい奴らなんです!
次の記事:
【夏シーズン新番組-その3】「Rookie Blue」-アメリカ進出のカナダ産ドラマ早くも日本上陸決定!

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
https://tvgroove.biz/mt/mt-tb.cgi/1456

コメント

>yucoさん

はじめまして!コメントどうもありがとうございます。

てっきり見たことがあるのと同じものだと思ってみていたら、途中で??????のオンパレードになってしまいました。
こんなことは初めてなので、ビックリです。
普通はDVDのほうが『完全版』だと思うんですが、今回のは、TV放映版のほうがロングバージョンなんてねえ。

まるで、ニールに騙されたような気分が味わえました(笑)。

>う~ん、それにしても”昭和の文化”
>素敵です!!!^^

yucoさん……同じ世代ですか~~?(笑)

投稿者:usagy |2010年7月26日 15:29

Usagyさん、はじめまして。

思ってたのと違ったDVDが届いたらショックですよね。
しかもその謎が解けてないなんて。
オフィシャル版におまけで付けてくれるならいいけど。

う~ん、それにしても”昭和の文化”
素敵です!!!^^

投稿者:yuco |2010年7月26日 10:27

>pondaさん
こんにちは!
Vancouver滞在はお楽しみいただけましたか?天気が良い時期でよかったですね~!

日本放映バージョンは、DVDと同じなんですね。幻のカナダ版は、DVD収録版のロングバージョンになっていますね。
こういう場合、今後、また放送されることがあるのかどうか…初体験なのでさっぱり予測がつきませんね。

ComiConのダンス映像、私も見ましたよー!
でも肝心の二人より真ん中の”山田花子”を彷彿とさせる少年(男の子ですよね?)の破壊力が凄すぎて、目が離せませんでした。マットとティムがノリノリで踊っているというのに、真ん中の小僧(笑)が全部持って行った感じがしません?
ComiCon情報、続々と上がってきてますね。USAネットワークの公式ページでは、後日、ComiConのビデオや記事などが紹介される予定だそうです。
楽しみですね~!

投稿者:usagy |2010年7月24日 10:56

Usagyさま、
先日はVancouver情報ありがとうございました!

White Collar、私ももちろんDVD取り寄せました!日本で放送されたパイロットはDVDのものと同じでしたよ~。私は“幻のカナダ版”が逆に気になります!

(DVDの特典映像も笑えましたが、こんな動画も見つけました!今やってるCOMIC CONでのものです。 http://www.youtube.com/watch?v=Je-xY7x42R4&feature=youtu.be)

投稿者:ponda |2010年7月24日 09:57

最近の記事

▲ TOP