【夏シーズン新番組-その3】「Rookie Blue」-アメリカ進出のカナダ産ドラマ早くも日本上陸決定! - UsagyのアメリカンTV気まぐれウォッチング | TVグルーヴ オフィシャル・ブログ アーカイブ(更新終了)

UsagyのアメリカンTV気まぐれウォッチング


前の記事:
【DVDレビュー】「White Collar Season1:DVD」(北米版)-来た、見た、叩いた…そして知る驚愕の真実
次の記事:
貴方もきっとPrince Poppycockの虜になる!-『America's Got Talent 2010』

【夏シーズン新番組-その3】「Rookie Blue」-アメリカ進出のカナダ産ドラマ早くも日本上陸決定!

(2010年8月17日)

『フラッシュポイント-特殊機動隊SRU-』に引き続き、カナダ発アメリカ行きヒットドラマの第二弾の予感がするのが、今年の夏シーズンにabc系で始まった新シリーズ『Rookie Blue』です。
早くも日本での放送が決まったようですね。(『ルーキーブルー ~新米警官 奮闘記~』)。USAネットワークの『ホワイトカラー』と言い、本当に最近は本国放送とのタイムラグがどんどん縮まってきていて驚きです。


『Rookie Blue』は、トロント警察(明確にトロントと番組中で言及されてたかどうか記憶はあやふやなんですが、登場する街並みやストリート名は、まさにトロントです)第15分署に配属された5人の新人警官たちが遭遇する事件や警察の現実に直面しつつ、一人の人間として、そして警察官としての成長を描いていくドラマです。


主役の新米警官アンディ・マクナリーを演じるのは、モントリオール出身のMissy Peregrym

MissyPeregrym.jpg
ミッシー・ペリグリム Albert L. Ortega / PR Photos

『ヒーローズ』シーズン1後半で、誰にでも変身できるシェイプシフターの能力者キャンディスを演じていたのが印象に残っています。また、『Reaper』(『リーパー/デビルバスター』)では主人公のサムが思いをよせる同僚の"アンディ"役を演じていました……今回と役名がかぶっちゃってるのは偶然でしょうが、なんだか不思議な感じです。
彼女以外のルーキーズの面々は、私には今イチ馴染みが薄い顔ぶれなのですが、それが逆に功を奏してか、ドラマで描かれる生身で等身大の新米警官ぶりを見ていて自然に感情移入できるようになりました。
というのも、第1話でMissyが演じるアンディを初めて見た時には、『そこで変身してやっつけちゃいなさいよう~!』などと、つい思ってしまったりしたのです。毎週見ているうちにそんな先入観は徐々に消えて行ったのですが、最初は何だか変な感じでしたね~。

中心となる5人のルーキーズは、アンディを筆頭に、繊細そうな外見に似合わずスリリングなことが大好きなエプスタイン(Gregory Smith、トロント出身)、

GregorySmith.jpg
グレゴリー・スミス Insidefoto / PR Photos

シングルマザーのトレイシー(Enuka Okuma、バンクーバー出身)、男っぽい外見だけど実は優しくて繊細なクリス(Travis Milne、アルバータ出身)、美人で優秀で意地悪…と三拍子揃った期待の新人ゲイル(Charlotte Sullivan、トロント出身)と個性豊かな面々です。
主要キャスト全員がカナダ出身というのが、いかにもカナダ発ドラマ、っていう感じがします。

この警察学校を出たばかりのヒヨっ子警官の面倒を見る先輩警官たちも、なかなか魅力的ですが、中でも私の一番のお気に入りはアンディのシニア・オフィサー、サム(Ben Bass)。初日で肩に力が入りまくったアンディが”あること”を仕出かしたために、彼の努力が水の泡に……という憂き目に遭い、出会いは最悪…だったんですが、私はそのうちアンディとサムはくっつくに違いない!と思いました。
だって「出会いは最悪だけど、実は…」って王道じゃないですか!……とはいえ、私のこの予想は今のところ、はぐらかされてばっかりいますが。

そして、横から出てきて瞬く間にアンディといい感じになっちゃったのが、イケメン刑事のルーク・キャラハン(Eric Johnson)。どこかで見たことある…と思ったら、宇宙を駆けるマラソン・ランナー『フラッシュ・ゴードン』のTVシリーズで主役のフラッシュを演じていた俳優さんでした。


「フラッシュポイント」の成功に続いて二匹目のドジョウを狙ったのでは?…と思った『Rookie Blue』ですが、今回も見事に視聴率獲得に成功したようです。
6月24日に第1シーズンの第1話(全13話予定)がオンエアされたのですが、早くも7月には第2シーズンの製作が決定したとのニュースが出ていました。既に8月初旬からトロントで撮影が始まっていて、12月まで続く予定だそうです。
出だしから好調な『Rookie Blue』、ただ一つ心配なのは、このまま順調に放送が続いて行ったら、ずーーーっと彼らが”新米警官”というわけには行かないですよねえ…? それとも『Glee』の製作者ライアン・マーフィが言ったみたいに(「彼らは卒業しないんだ。ずっとマッキンリー高校の生徒で居続ける」)サザエさん状態でずっとルーキーズのままなんだろうか……。

余計なお世話でしょうが、やっぱり気になってしまいます。


前の記事:
【DVDレビュー】「White Collar Season1:DVD」(北米版)-来た、見た、叩いた…そして知る驚愕の真実
次の記事:
貴方もきっとPrince Poppycockの虜になる!-『America's Got Talent 2010』

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
https://tvgroove.biz/mt/mt-tb.cgi/1500

コメント

>しみずさん

ああっ!そうかーーフラッシュゴードンの時、どこかで見たことあると思ったら、ホイットニー!最近のエピソードで、ホイットニーに苛められた頃のクラークの話がチョロっと出てきてて、思い出しました。
「ヤング・スーパーマン」もいよいよ今季、最終シーズン。どんな展開になるのか楽しみです。

投稿者:usagy |2010年10月 5日 18:09

刑事のルーク役のエリック・ジョンソン、「ヤング・スーパーマン」の最初の方に出ていたホイットニーも演じていましたよね?
「フラッシュ・ゴードン」は見ていないのですが、どこかで見た顔だと思って(^^)

投稿者:しみず |2010年10月 5日 15:24

しみずさんもお薦めのドラマなんですね!
日本在住の皆さん、是非8月21日発売のスクリーン誌を買ってくださいね~!

エプスタインことグレゴリー・スミス君、「エバーウッド」に出ていたんですか。私は見るチャンスがなかったんですけど、これまたしみずさんお薦めとあれば、こっちで放送してるのを見つけたら早速見てみたいと思います。
ルーキー…の彼は、なかなかのやんちゃ君です。

>日本のユニバーサル・チャンネル(旧サイファイチャンネル)はこのところ、新作を超スピードで日本初放送していますが、9月・10月とそれが続くようですよ(^^)

日本にいても、新作が、しかも字幕/吹替え付きで見られるようになるなんて、良い時代になりましたよね。こっちではリアルタイムで見られても、辞書を引き引き台詞を理解しなくちゃいけない場面もあって、無心に楽しめないのがツライです。

投稿者:usagy |2010年8月18日 23:28

usagyさん、こんにちは!
「ルーキーブルー ~新米警官 奮闘記~」、8月21日発売のスクリーン誌にも紹介記事を書かせてもらいましたが(宣伝してスミマセン)、私としては大好きな「エバーウッド」のエフラムことグレゴリー・スミスの新作として注目しています(*^^*)
彼、大人っぽくなって雰囲気変わりましたよね。

日本のユニバーサル・チャンネル(旧サイファイチャンネル)はこのところ、新作を超スピードで日本初放送していますが、9月・10月とそれが続くようですよ(^^)

投稿者:しみず |2010年8月18日 11:40

最近の記事

▲ TOP