『Smallville』が大団円~10年の長きに渡って積み上げられてきたものとは… - UsagyのアメリカンTV気まぐれウォッチング | TVグルーヴ オフィシャル・ブログ アーカイブ(更新終了)

UsagyのアメリカンTV気まぐれウォッチング


前の記事:
行く番組来る番組【FOX版】-諸行無常でございますね…
次の記事:
待ちかねた!!『ホワイトカラー “知的”犯罪ファイル』DVD、ついに発売です

『Smallville』が大団円~10年の長きに渡って積み上げられてきたものとは…

(2011年5月15日)

某所にて、次は『Blue Bloods』を…などと呟きましたが、早速ウソっぱちでした。すみません。

今回は、10シーズンを経てついに終幕を迎えた『Smallville』(日本ではAXNチャンネルにて「ヤング・スーパーマン」のタイトルで第7シーズンが放送中)のシリーズ最終回を飾るにふさわしい2時間スペシャルを、軽くご紹介したいと思います。


最終回を見て、改めて思ったのは『Smallville』は父と子の物語だったなあ、ということです。

スーパーマンことクラーク・ケントトム・ウェリング)には、2人の父がいます。

TomWelling02.jpg
トム・ウェリング Janet Mayer / PR Photos

実の父であるクリプトン人ジョー・エル(声/テレンス・スタンプ)、そして”クラーク・ケント”を育てたジョナサン・ケントジョン・シュナイダー)。

JohnSchneider.jpg
ジョン・シュナイダー Bernadette Giacomazzo/PR Photos

スーパーマンの宿敵として名高いレックス・ルーサーマイケル・ローゼンバウム)の父、ライオネル・ルーサージョン・グローヴァー)。

MichaelRosenbaum02.jpg
マイケル・ローゼンバウム  PRN / PR Photos

JohnGlover.jpg
ジョン・グローヴァー Sylvain Gaboury / PR Photos

10年の間に、クラークを取り巻く様々な人間関係が沢山描かれてきました。
友情、恋愛、家族愛、葛藤…でも、このドラマの中心人物クラークとレックスを取り巻く人間関係の中で、一番の核となっていたのは、常に父と息子の関係でした。
最終回の2時間スペシャルは、その基本中の基本に立ち返った感じがしました。
父から息子へ継がれる遺志、そして息子が父の元を巣立って、クラーク・ケントが”スーパーマン”へと成長する、という流れを見事に描いていたと思います。

途中で降板したレックス・ルーサー、そしてクラークの父親も、シリーズ最終回ということで、特別な形で顔を見せてくれます。また、フラッシュバックのシーンもあるので、10年間の懐かしい顔ぶれや思い出深いシーンを見ることもできます。
作り手の皆さんが、如何にこのドラマを愛し、スーパーマンというヒーローを敬愛しているかというのがひしひしと伝わってくる丁寧な作りでした。
そして、クライマックスが近づく『Smallville』の中で、聞き慣れた”スーパーマン”のメインタイトルが流れた時には、さすがに鳥肌が立ちました。


長く続いたドラマだけあって、終わりに向けての作りもしっかりと練られていて、シーズン10は最終シーズンではありながら、安心して観ていることができました。
途中で止む無くキャンセルとなってしまうドラマも多い中(特に今の時期は身につまされますよねぇ…)、こんな風にきちんと結末をつけてくれるドラマは、満足感もひとしおです。
一番気になっていたのは、果たして、クラーク・ケントを演じるトム・ウェリングの青タイツ姿は見られるのか?!っていう所でしたが、これは、日本で放送されるのをどうぞお楽しみに!



さて、10年間という長い期間に渡って、製作スタッフ、俳優共に、気の遠くなるような長い時間を費やして、10シーズンのドラマを作ってきたわけですが、その衣装とか小道具とかドラマ中に登場した色々なアイテムって、どうなるの?!って思いませんか?
撮影が終わったら、不要になってしまう諸々の品々。
倉庫に保管するにしたって、その量は膨大だし、番組も終わってしまえば保管しておく必要もないモノたち。


実は、これらの品々は、

赤札大バーゲン持ってけ泥棒セール

で、大売出しされちゃうんですね。
撮影地バンクーバーならでは、の、独占イベントです。

こちら。

バンクーバーのお隣バーナビー市の倉庫にて、3日間に渡って行われたSmallvilleバーゲンセール
食器類、家具、キッチン・インテリア用品、照明、衣装、小道具…ドラマで使われたありとあらゆるものが、大売出しになっていました。
とってもとってもとーーーーーっても行きたかったのですが。

車がないと到底行けません。
それは、場所が遠い、とか、行きにくい、とかいう問題ではありません。この「セールのやり方」自体が、車もしくは運搬手段がないととても無理な状態なのです。


実は、この手のバーゲンセールが開催されたのは今回が初めてではないんです。3年ほど前にもTVドラマの撮影小道具バーゲンセールがありました。
その時に友人(日本人)が出かけたのですが、話を聞くにつれ、人力と体力がないと到底無理…というガテン系バーゲンセールであることが判明したのです。
以下は、友人から聞いた話です。


品物は倉庫の中に並べられているのですが、持って入れるのは財布だけ
カバンとか袋の類は一切ダメです。
入場制限があるので列に並び、係員の誘導で何人かずつ中に入ります。

入ったら入ったで、だだっ広い倉庫のあちこちに置かれているダンボールに、ドカドカと無造作に詰め込まれた物の数々。
家具や照明などもあり、破格の値段です。小道具で使われたものの、並べられていただけで未使用、あるいは演出上必要で買取はしたものの、結局は使わなかったものなど、様々な品物がありました。
値段のつけ方は、「この箱全部で5ドル」とか「この箱10ドル」とか…。
箱単位です。
中身の見える福袋状態?ですから、当然、欲しくないものだって入ってます。

友人は迷いました。
そして、周囲を観察してみました。
周りのカナダ人買い物客は、自分の好きそうな傾向のものが入っている箱を、まずはゲットします。そして、当然のように、いらない物を出して他の箱から欲しい物を取って入れ替えています!
お店じゃないので、売り子さんがいるわけでもありません。
盗難防止の警備員らしき人はいますが、客が物を入れ替えようが何をしようがお構いなし………な雰囲気。
そこで、友人も周囲を見習って「マグカップとキッチン用品を詰めた箱」と「シャワーカーテンとタオルなどのバスルーム用品を詰めた箱」を作ることにしました。
が。
問題は、どうやって運ぶか、です。
台車があるわけでもありません。
詰めた箱を支払いコーナーまで持って行かなくてはなりませんが、一度に2つなんて到底運べません。1つずつ運んでいる間に、自分が詰めた箱が誰かに取られてしまうかもしれない!という心配もあります。
友人は手近の警備員を捕まえ、「すぐ戻るから箱を見てて」と頼みました。『そんなのオレの仕事じゃないよ』と嫌な顔をされてもメゲず、まずは1個目の箱を持ってレジへ直行。支払いを済ませます。
支払いをしたら倉庫から出ないといけませんので、一旦外に出て駐車場に止めてある車まで箱を運び、再び倉庫に取って返します。
が、待っているのはまたもや行列。
ようやく中に入って2箱目を取りに走り、無事に誰にも取られることなく残っていたMyボックスを抱えて、再びレジに。

この時点で、友人はかなり消耗していたと言います。
そして、一人で来たことを、相当後悔していました。
せめて2人、できれば4人ぐらいで来れば良かった!中華料理屋と一緒だ!!と。3度目の列に並ぶ元気はモウ無かったのよ……と、後で話を聞いたときに言ってました。


そんな経験談を聞いていたので、今回「Smallvilleバーゲンがあるヨ!」という情報をゲットしても、家具を買うなら(買わないけどー)バンや軽トラで行く準備が必要でしょうし、箱単位で物をゲットしても、私はそれをどうやって担いで帰ればいいのか……。
だって、私の唯一の運搬手段は2本の腕、移動手段は徒歩(+公共交通機関)ですからね…!
無理………到底無理……、と、泣く泣く諦めたのでした。
後になって、やっぱり行って覗くだけ覗いてみるべきだったかなー…と思ったのですが、残念ながら時間切れ。
バンクーバーでは、色々なドラマが撮影されているので、もしかしたらまたこのような機会が巡って来るやもしれません。
その時には、もうちょっと頑張ってみます……ね。


5月のバンクーバー。
八重桜が咲いています。
初夏の始まりを知らせるピンクの花ですー。



前の記事:
行く番組来る番組【FOX版】-諸行無常でございますね…
次の記事:
待ちかねた!!『ホワイトカラー “知的”犯罪ファイル』DVD、ついに発売です

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
https://tvgroove.biz/mt/mt-tb.cgi/1953

コメント

>Buffywinters様

こんにちは!
コメントありがとうございます。

「Lois & Clark」実は、機会がなくてちゃんと見たことがないんですよ。でも2人とも『Smallville』にゲスト出演してて、いわゆる”スーパーマン・ファミリー”の輪に入ってる感じですよね。特にテリ・ハッチャーは、ロイスの母役を演じてましたし。

>「始めたドラマはきちんと終わる事」って法律が必要です!

確かに!!私も深く同意します。中途半端に終わってしまうのって、ほんとうに寂しいですよね。
『Smallville』の大団円の満足感と感動は、是非これから日本でご覧になる皆さんにも味わって頂きたい!と強く思います。10年の重みと感慨は、やっぱりシリーズTVドラマならでは、の持ち味ですしね。

ところで、トム製作のドラマHellcatsですが、残念ながら第1シーズンのみで終了となってしまいました。エンタメ業界の洗礼を受けた…という所でしょうか。また、次の活躍を期待!です。

ガレッジセールのアバウトな売り方、私も友達に話を聞いてびっくりしたんです。さすがにそこまで大雑把だなんて俄かに想像がつかなくて(笑)

>Lois & Clarkで二人の部屋にあったソファが欲しくて似たようなアメリカ製ソファを探して買ってしまった私です(笑)。

いや~~その気持ち、よくわかりますよ。
私はマクガイバーが持っていたスイス・アーミーナイフに憧れてて、友人の結婚式の引き出物カタログで見つけて手に入れました。TVっていうのは影響力強いですよねぇ。
ま、私の場合、それが元でバンクーバーまで来ちゃたわけなんですが…(笑)

投稿者:usagy |2011年5月27日 20:57

楽しい記事ありがとうございます。ネタバレしない所にUsagyさまの愛を感じました!

私は元々Dean Cainが出ていたLois & Clarkのファンでその流れでSmallvilleを見始めたんです。だからSmallvilleがきちんと終了できたのは、とても嬉しい反面、羨ましくもあります。ハリウッドには「始めたドラマはきちんと終わる事」って法律が必要です!

前の記事で質問したトムのドラマ、お返事ありがとうございました。放映されてるんですね!ワーナーのイベント(?)でプロデューサーとしてインタビューを受けているトムがあまりに素敵だったので、成功を願っていました。

そしてガレッジセール!!いいですね~。こんなにおおざっぱとは知らず、びっくりしました。セットの家具で思い出しましたが、Lois & Clarkで二人の部屋にあったソファが欲しくて似たようなアメリカ製ソファを探して買ってしまった私です(笑)。

投稿者:Buffywinters |2011年5月27日 14:56

>しみずさん

えっ(@@)!そっち系を期待されてたんですかっ!杭とか買ったら家宝として飾っちゃいます?(笑)
分かりました、もし、将来そういう機会があったら、何を置いても駆けつけますので!

投稿者:usagy |2011年5月21日 08:57

割り込んですみません!

>兄弟ハンターが主役のスパナチュでは、キッチン用品とか実用性があるものは出てこないんじゃないですかね?!
>モデルガンとか吸血鬼退治用の杭とかそういう系のモノが多いんでは…

そうそう、そういうバーゲンセールに期待しています(^^)
道連れにされた~い(笑)

投稿者:しみず |2011年5月20日 23:17

>かえるりるりん。様

Supermanのファンじゃなかったはず(笑)なのに、14枚組の映画版コレクターズボックスを何故か持っている私です…。トムはあんまり変わってないような気がしてましたが、改めて昔の写真を見ると初々しいですね!やっぱり。
昨日、インタビューに出ているトムを見かけましたが、2歳の頃のミソッ歯写真を公開されてて「この子が将来スーパーマンになるなんて誰が思ったでしょう!」とからかわれていました。番組終了については『寂しい反面、これから何をしようかワクワクしてる』とも。プロデューサー業も順調のようでこれからどんな活躍を見せてくれるか楽しみですね~。

カナダっぽい大雑把なバーゲンの風景、お楽しみ頂けたようで良かったです。ご推察の通り、マグカップとか台所用品を入れた箱は相当重いので沢山入れることはできなかったようです。バス用品もシャワーカーテンって結構重量があるので、これまた大変だったそうで。
鍋とかフライパンとか電化製品もあったそうなので、それが箱売りだったらかなりお得ですよね~。
ところでよく考えてみたら、登場人物が住んでる家が出てこない、さすらいの(ホームレスとも言う…?)兄弟ハンターが主役のスパナチュでは、キッチン用品とか実用性があるものは出てこないんじゃないですかね?!モデルガンとか吸血鬼退治用の杭とかそういう系のモノが多いんでは…

八重桜もそろそろ散り始めました~。
近所の花壇ではチューリップが賑やかに咲いておりました。

投稿者:usagy |2011年5月19日 16:14

スーパーマンは映画のをビデオで昔見ました。このドラマでは青春時代のクラークを描いているのですね。トムさんは24歳からずっとこの役を演じてきてファイナルシーズンの撮影が終わった時は大役を終えて感無量だったのではないかなぁとか思いました。(10年は長いですよね~)もやもやした終わり方があるドラマがある中、安心しつつ満足いっぱいで終わりまで見れた事は本当に製作陣の”Smallville”に対する愛情もあったのでしょうね。トムさんがこれからどんなドラマや映画に出演するのかも気になります。悪役とか?
”赤札大バーゲン持ってけ泥棒セール”(笑)いいですね~。ダンボールにドカドカと詰め込まれているという事はもうそのままなのですよね。商品ごとに値札がついているのかと思っていました。あまりにも多いのでそんな手間のかかる事はやるわけないか・・・。物を入れ替えても何も言われないので皆様が勝手にMY BOXを作っているのも面白いなぁと思いました。ご友人は2箱を買われたわけですがマグカップとキッチン用品のはちょっぴり?かなり?重かったのではないかと心配になりました。(笑)レジでも並んでという事でたくさんの方が買い物に来ていたのでしょうね。
未使用の物があったりして本当にお買い得かもとか思いました。usagyさんが今度もし行く時はレンタカーが必要ですね~。それと軍手?かな?”スーパーナチュラル”のバーゲンがあったら、私もしみずさんと同じで挑戦記が読みたいなぁとちょっぴり思いました。ふふふ。八重桜、キレイに咲いていて心がなごみますね。では。

投稿者:かえるりるりん。 |2011年5月18日 10:50

>しみずさん

「Smallville」は、私がバンクーバーにいる期間とほぼ重なってるんで感慨もひとしおですね。
どうしてか分からないけど、やっぱりスーパーマンのテーマとか聞くと条件反射でワクワクしちゃうんですよ。完走頑張ってくださいね。今年中にはシーズン8も始まっちゃうよ!(笑)

さすがカナダのバーゲンセール、大雑把ですよね。友達曰く、ダンボールは底が抜けそうでガタガタだし、埃だらけで手もドロドロになるしで大変だったそうですが、超破格でお買い物ができたそうです。
もし「スーパーナチュラル」バーゲンがあったら、恐ろしい争奪戦になりそうな予感。しみずさん、私に玉砕覚悟で戦地に乗り込め、と、そう仰るんですね……(笑)その時は道連れですよ!

投稿者:usagy |2011年5月16日 18:30

今回の記事、すごく楽しませていただきました!!
前半は、しんみりした気持ちになりつつ、usagyさんの本作に対する愛情が伝わり、私も頑張って完走しなければ!(でも録画が溜まりに溜まって、まだシーズン7の初めの方なんです。。)という気持ちになりました。
まだまだ先が長いですが、「クラーク・ケントを演じるトム・ウェリングの青タイツ姿は見られるのか?!」どうかが非常に楽しみ♪
後半は、バーゲンセールの様子が目に浮かぶようでした。体験者はお友達なのに(笑)。
いつか「スーパーナチュラル」の時が来たら、usagyさんの挑戦記が読みたいなぁ(と、無理を言ってみる)。

投稿者:しみず |2011年5月15日 23:10

最近の記事

▲ TOP