この秋、注目&期待の新ドラマ『Nikita』がフルシーズン決定ですって! - UsagyのアメリカンTV気まぐれウォッチング | TVグルーヴ オフィシャル・ブログ アーカイブ(更新終了)

UsagyのアメリカンTV気まぐれウォッチング


前の記事:
ランチに出かけりゃロケに当たる?【その1】-『Fringe/フリンジ』ロケ現場に遭遇♪
次の記事:
野沢那智さんが亡くなりました……

この秋、注目&期待の新ドラマ『Nikita』がフルシーズン決定ですって!

(2010年10月29日)

こちらでも紹介されているように、『Nikita』のリメイク版が、好調な視聴率を受けてフルシーズン発注されることになりました。
いやーめでたい!!


今秋の新ドラマシーズンには、リメイクシリーズが2つありました。
『Hawaii 5-0』『Nikita』です。どちらも私にとって馴染み深い作品だったので、とても楽しみにしてました。

『Nikita』は、ペータ・ウィルソン主演のTVシリーズ(Made in Canadaだったのか…)のリメイクになるのかな?と思っていたんですが、実際に見てみたら、映画の続編的な位置づけでした。

新生ニキータは、とにかくマギー・Qがかっこいい!このひと言に尽きます!!『Mission Impossible:Ⅲ』の時も、すごく目を魅かれる女優さんでした。
強さと儚さが混じりあった複雑で危ういバランスの”ニキータ”というキャラクターを、非常に上手く演じています。

MaggieQ.jpg
マギー・Q Chris Hatcher / PR Photos

第1話で初めてマギー・Qのニキータを見たときには、ベッソン映画版や旧TV版のイメージが先行してしまって、違和感を感じたんですね。何でだろうと思ったら、どうやら無意識のうちに、ニキータというキャラクターに”泣き”のイメージを持っていたみたいなんです。
映画版でも旧TV版でも、ニキータって結構よく涙を流してませんでした?

でも、新しいニキータは、もう”泣かない”んです。彼女には、自らに課した『やらなければならない使命』があり、涙を流すことは止めたんですね。
そんな風に思ったら、いつの間にか違和感なんてすっかり吹き飛んでいました。
今回のニキータは、自分から愛するものを奪った強大な敵に対し、全てを捨てて孤独な闘いを挑む孤高の女戦士、という役どころ。
これまでのニキータ像とは打って変わって、極限まで贅肉をそぎ落としたストイックな新ニキータの役柄は、マギー・Qのスレンダーなボディそのものと言ってもいいぐらいピッタリじゃないかと思います。何より、マギーのアクションが紛れもない本物ですから、迫力がありますよね~。


聞くところによると、女性視聴者層に人気があるそうですが、判るような気がします。だって、かっこいいんですもん! 
情け容赦なく素手で敵を叩きのめし、銃やバズーカをぶっ放すかと思えば、時折見せる陰りのある表情や、守るべき相手や救うべき相手に向けられる厳しい眼差しの奥から垣間見える慈愛深いと言ってもいい視線……この、まったく両極端の魅力が、マギー・Qのニキータにはあるのです。
これにはシビれます。
そんじょそこらの殿方よりも、遥か上を行ってますぞ!(笑)


ドラマには、他にも魅力的な女性陣が登場しています。
ニキータにとってキーパーソンとなるアレックスを演じるのは、リンジー・フォンセカ。映画『キック・アス』や人気シットコム『ママと恋に落ちるまで』(”娘”の役)などにも出てました。

LyndsyFonseca.jpg
リンジー・フォンセカ Albert L. Ortega / PR Photos

ニキータが若き日の自分をアレックスの中に見出し、すべてはそこから始まった…、という、かなり重要な役どころでの出演です。

敵方の注目女性キャラクターはアマンダ。旧TVシリーズ「ニキータ」に出ていたマデリーンに相当するような役柄ですが、なんだかもっと裏に恐ろしい秘密を抱えていそうな感じです。
演じているのは、美しくセクシーで、危険な魔性の女を演らせたらこの方の右に出る人はいないんじゃないか、というメリンダ・クラーク『The O.C』『アントラージュ』でもお馴染み。私にとって一番印象深いのは『CSI』で何度か登場した”レディ・ヘザー”役ですね。

MelindaClarke.jpg
メリンダ・クラーク Albert L. Ortega / PR Photos

バンクーバーでは、『Nikita』は木曜日の夜9時からの放送で、『Fringe(フリンジ)』と放送時間が被ってます。こちらも強さの系統は違いますが、同じく魅力的な女性主人公オリヴィアが登場しますね。木曜日の夜は、漢前(おとこまえ)女性対決、とでも言えるかも?
ちなみに『CSI』『グレイズ・アナトミー』も同時間帯に重なっているので、視聴番組選択が大変厳しいものがありますね~。
今季は、がんばって『Nikita』を追い掛けます。


『Nikita』と言えば、日本での知名度も高いですから、きっとこの新ニキータが日本に上陸する日も近いのでは?と期待してます。




前の記事:
ランチに出かけりゃロケに当たる?【その1】-『Fringe/フリンジ』ロケ現場に遭遇♪
次の記事:
野沢那智さんが亡くなりました……

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
https://tvgroove.biz/mt/mt-tb.cgi/1643

コメント

AXNさんにて、2011年放送開始だそうです!!
素晴らしい。
日本の皆さんがかっこいいマギー”Nikita”に会えるのももうすぐですね!
http://www.tvgroove.com/news/article/ctg/2/nid/3997.html

投稿者:usagy |2010年11月12日 04:21

>しみずさん
ここだけの話、ニキータを見た直後は、腹筋とか腕立てとかやって身体を鍛えたくなっちゃうんです…続きませんけどね←ダメダメ。
あんな風に引き締まった体型になってみたいわ~!とか思って、腕立て伏せなんかしたら、肘の関節がゴキゴキ音を立てるんです…←もう全然ダメ。

投稿者:usagy |2010年10月31日 00:04

>gizmoさん
こんにちは!gizmoさんも、映画&旧TVシリーズ両方ともご覧になっていたんですね。
アジアンビューティのニキータには、もうすっかり慣れたんですが、実を言うとマイケルのほうがまだ慣れないんです。短髪&ヒゲだし…。どうしてもロイ・デュプイのイメージが強いので、長髪じゃないとねぇ。
新ニキータも、テレ東でやってくれませんかね?(笑)

投稿者:usagy |2010年10月30日 23:58

見たいですね~~!!
おとこまえな女性、大歓迎です♪
日本上陸を切望します!

投稿者:しみず |2010年10月30日 21:28

映画&La Femme Nikitaに、はまったくちなので、新Nikitaはどんな感じなのか、写真を見る限りではアジアンビューティーだったので・・
でしたが、面白そうですね。日本でOAされるのが、楽しみです。また地上波だったりして(笑)

投稿者:gizmo |2010年10月30日 20:20

最近の記事

▲ TOP