TVドラマシーズンプレミア2011秋の陣!-その2 - UsagyのアメリカンTV気まぐれウォッチング | TVグルーヴ オフィシャル・ブログ アーカイブ(更新終了)

UsagyのアメリカンTV気まぐれウォッチング


前の記事:
夏の思い出と、TVドラマシーズンプレミア秋の陣!
次の記事:
【先取り秋の新ドラマ】『Ringer』-帰ってきたサラ・ミシェル・ゲラーの新ドラマは、NYを舞台にしたフィルム・ノワール!

TVドラマシーズンプレミア2011秋の陣!-その2

(2011年9月10日)

続きです。

放送スタート日をチェックしたら、次は、録画するドラマと見るドラマの選別が待っています。
これが一番の難関。何せ目ぼしいドラマの殆どが、放送が重なっているという戦国大名も真っ青な乱戦状態です。
大抵の場合、重なるドラマは2つなので、片方を録画している間にもう片方を見る、という解決策が取れるのですが。
どうにもこうにもそれができない日があります。

第一関門は火曜日9時台。
私の大好きな「NCIS:LA」と、3つの新ドラマ「Camelot」「Ringer」「The Protector」が重なってるんです。4本のドラマの中から、録画するドラマを1つ、その裏で見るドラマを1つ…まずは2つに絞らなくてはなりません。
局によっては、後で局のウェブサイトでエピソードを公開してくれるので、放送日に見られなくても大丈夫なドラマもあります。その辺も考慮しつつ、候補を絞っていきます。

第二関門は金曜日。
かつては戦国木曜日だったんですが、「スーパーナチュラル」が金曜日に移動してからはまさに「決戦は金曜日」状態になりました。
まずは金曜日8時台、「ニキータ」に重なるのが、新シリーズ2つ。「A Gifted Man」(凄腕脳外科医の主人公が、死んだはずの奥さんの幽霊を見るようになって、人生が変わっていく、というお話)と、「Necessary Roughness」(今年の夏USAネットワークで始まったばかりの人気ドラマで、シングルマザーの心理カウンセラーがひょんなことからプロフットボールチームの専属カウンセラーに抜擢される)です。
これだけでも既にトリプル攻撃なのに、10月からは同じ枠に「Chuck」最終シーズンと新ドラマ「Grimm」(童話作家のグリム兄弟~実はモンスターハンター~の子孫が現代で刑事兼モンスターハンターとして活躍。キャッチフレーズは”CSI meets Mother Goose”)が乱入してくるのです。
そして、続く9時台は「スーパーナチュラル」「Fringe/フリンジ」「CSI:NY」それぞれ新シーズンの3本立てという人気ドラマの目白押し。

この季節、新しいドラマがたくさん見られるのは嬉しいのですが、こんな風に重なってくると何かこう、戦いを挑まれているような気分になりますね。ま、いつものことですが…。
というわけで、私的録画判断基準はこんな感じ。

1)ストーリーが複雑→捜査/推理/SFドラマ→CSIやNCIS系全般&SiFi系全般
2)専門用語がたくさん出てくる→医療ドラマ、法律ドラマ→House、L&O、Harry's Lawなど
3)イギリス英語を話している→英国産ドラマ全般
4)会話のテンポが早い→シットコム系全般

私の場合、保存しておきたい(註:マット・ボマー関連の番組は例外的に全て永久保存)、とか、好きなドラマを録画するのではなく、一回流して見るだけでは理解するのが困難と思われるドラマを録画します。
そして、こちらのTVにはCC(クローズドキャプション~聴覚障害者のための英語字幕)を表示する機能がついているので、録画したドラマの台詞をCCで表示して、知らない単語を電子辞書で引きながら見るんです。
ちなみに、今まで一番苦労したのはBBC版「Sherlock」。上記の1~4全部に当てはまるんですもん。理解できるまで3回は繰り返して見ないといけませんでした。何度「お願いホームズもっとゆっくり喋って!!ってか英語で喋って!!」(もちろん英語喋ってますが…)と悲鳴を挙げたことか…。慣れてないせいなのか相性が悪いのか、相当集中して聞いてないと英国ドラマの英語が英語に聞こえないんですよね私。「ジョージ・ジェントリー」に出てくるバッカスとか、5回ぐらい聞き直しても字幕の英語と同じ台詞を言ってるように聞こえないし。「The Choir」のギャレス先生とその生徒たちも、ある意味私の宿敵。
それでも面白いから、見ずにはいられない…始末に負えません>私が。

このように字幕確認用録画なので、一通り見た後はHDD容量確保のために即削除。でないと、どんどん溜まって一杯になってしまいます。
「今日見られるドラマは明日に持ち越さない」
春と秋のドラマシーズンは、これが己に課する鉄則です。
時には睡眠時間を削っても見る。友達の誘いを断ってもドラマ視聴が優先。でも、バンクーバーの秋冬は雨と寒さで殆どの友達も引きこもってしまうので、あんまり支障はありません。>いいのか悪いのか…

そんな感じでドラマの選別をします。
こちらの一覧表↓

に書いてある「R」「W」が、録画用(Record)と鑑賞用(Watch)の選別結果です。
「R」が12本。「W」が13本。
しめて一週間の視聴予定は、25本です。渦巻き印が書いてあるのは、放送局のウェブにアップされるビデオで視聴予定のもの。これも含めると25本以上になりますが…。
こうして、放送日と時間枠、録画予定がチェックできたら、最後の仕上げに入ります。

去年の誕生日にお友だちが日本から送ってくれたウサビッチ・カレンダーに、曜日ごとにチャンネル番号、番組名、時間を書き入れていきます。こうしておけば、HDDレコーダーにタイマー録画を設定する順番が一目瞭然。
ウチのは一度に15本までしかタイマー予約ができないんですが、そのうちの12本がレギュラー録画予約で埋まっちゃうと、突発で録画したい番組が出てきた場合「あっちを一時的に消して、こっちを入れて、その後でもう一回予約を復活させて…」と、やりくりが必要になってきます。少ないお小遣いで、如何に欲しいものを手に入れるか知恵を絞ってやりくりするのと同じ感覚です>…多分。
そのためにも、このカレンダーが最終的なライフラインとなるのです。

これを見ると、9月第4週に殆どのプレミアが集中してるのがお分かり頂けるかと思います。これだけの数のドラマがこれから毎週続いていくわけです。つくづくドラマ業界の競争の凄さが実感されますね。
そして何ヶ月か後には、この中から何本かは消えていく運命にある…かもしれない。
この熾烈な業界競争の中で生き残って、人気を獲得して何年も続いているドラマっていうのは、やっぱり一枚も二枚も上手なんですよね。そりゃ、質の高さも時間やお金の掛け方もハンパないわけだ…と思います。

さあ、これで予定表は完成!
秋ドラマプレミアウィークへの備えは万全です。
いつでも掛かってらっしゃい!!…と、お蝶夫人の如く高笑いを響かせたのも束の間……まだ放送前だというのに、新シリーズ「The Protector」がS1のみでキャンセルされることになったとか…!?何だそれ?
去年の悪夢が目の前をよぎります。
ジョン・ボイト出演のドラマ「Lone Star」が2話オンエアされた後でキャンセルになったせいで、他番組の放送予定が変わり、せっかく入念に立てた視聴計画がガタガタになってしまった、あの悪夢の再来になるのか?
既に作られている13話分は放送されるのか、それとも、放送取り消しになっちゃうのか、はたまた放送スケジュールを変えてくるのか…。

何やら一筋縄では行かないような波乱含みの予感を抱えつつ、怒涛のプレミアウィークまで、残すところあと1週間。
続報は、また後日!


前の記事:
夏の思い出と、TVドラマシーズンプレミア秋の陣!
次の記事:
【先取り秋の新ドラマ】『Ringer』-帰ってきたサラ・ミシェル・ゲラーの新ドラマは、NYを舞台にしたフィルム・ノワール!

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
https://tvgroove.biz/mt/mt-tb.cgi/2079

コメント

>Buffywinters様

やっぱり皆さん、「ドラマ視聴スケジュール管理」には苦労してるんですね!(笑)
私も色々やった結果、アナログなカレンダー記入に到達しました。
おっしゃる通り、これが一番確実ですよね。私の場合、録画予約を間違えるという落とし穴もありましたけど…f^_^;)。
でも、録画したらしたで、今度は録った番組を消化していくのがまた大変だったり…嬉しい悲鳴ではあるのですが(笑)

>月末にすべてのスケジュールをこなせた時が快感です(笑)

Buffywintersさんも立派なドラマ中毒(笑)
お互い頑張って、ドラマシーズンを乗り切りましょう~~

投稿者:usagy |2011年9月25日 17:24

Usagyさま、こんにちは。

ちょうど「ドラマ視聴スケジュール管理」についてお尋ねしようと思っていた所でここを拝見したら、Usagyさまのやり方は私と一緒でした!毎月番組表をチェック後カレンダーに書き込む、やっぱりこのアナログな方法が一番確実なんですね。私も書き込んだ時点で安心して肝心の予約録画を忘れてしまうことがよくあります。

面倒くさくて大変ですが、月末にすべてのスケジュールをこなせた時が快感です(笑)。

投稿者:Buffywinters |2011年9月24日 21:41

>かえるりるりん。様

おっしゃる通り、ほんとに色々キツキツで、『キィーーーッ!どうしろって言うのヨ!』と暴れたくなる時もあります。
来週に向けて録画の予約を入れ始めたんですが、リモコン片手に未だに思案してます。

そしてこれまたお見通しの通り(笑)Mattが最優先ですから!何が何でもMattが出るんだったらどうにかします。18日のエミー賞も要チェックですねー。
標語「今日見られるドラマは明日に持ち越さない」がいつまで守れるか不安ですが、プーチンと共に頑張ります。途中でキレネンコにならないように祈っててください。

投稿者:usagy |2011年9月15日 16:51

こんにちは。完成した予定表まで、選別の難しさがよ~くわかって本当にたいへんだなぁと思いました。”決戦は金曜日”(笑)が、人気ドラマの新シリーズや面白そうな「NecessarRoughness」とか8時台がやや?かなりキツキツで本当に戦っている感じがヒシヒシと(笑)。ここでもしマットさんのがなにか、オンエアーされたら録画予約のやりくりがという事になるわけでしょうか?(^^)なんたってマットさんですからね~。”今日見られるドラマは明日に持ち越さない”が、とてもよいなぁと思いました(笑)。ウサビッチ・カレンダーは、ドラマ専用なのですね。(9月は、プーチン!)ウェブサイトで視聴のもあるから本当にドラマ三昧だとわかりました。来週からいよいよ始まりますね。このまま予定通り放送してくれるよう、こちらでこっそり祈ってます。(笑)では。

投稿者:かえるりるりん。 |2011年9月15日 15:25

>らるふ様

コメント有難うございます!
あまりにも怒涛のように押し寄せてくるので、表を作って整理しないと、何がなんだか判らなくなっちゃうんですよね~。
表を作っただけで安心してしまわないように気をつけないと(笑)

>それにしても金曜枠の凄まじさにはビックリ!?

すごいでしょー…絶句しちゃいますよね。
いつからこんなに集中するようになったのか…ドラマ洪水ですよ。
放送前にキャンセルとか普通ないよね?本当に厳しい業界です。まあ、だからこそ質の高いドラマが生まれて長く生き残っていくんすよね~。

投稿者:usagy |2011年9月11日 16:58

Usagyさんの苦労をしみじみと感じました〜。
表作って計画立てないと大変なんですね。
それにしても金曜枠の凄まじさにはビックリ!?
あんなに集中しちゃったらいくら録画でも、見る時間抑えるのも大変そうです。
それなのに何本かは消えていくドラマもあるんですもんね。。。アメリカドラマの世界は厳しいなぁ。

投稿者:らるふ |2011年9月10日 22:41

最近の記事

▲ TOP