【秋の夜長のドラマ三昧】その2-失敗しないための録画計画…は、新番組編成枠で玉砕 - UsagyのアメリカンTV気まぐれウォッチング | TVグルーヴ オフィシャル・ブログ アーカイブ(更新終了)

UsagyのアメリカンTV気まぐれウォッチング


前の記事:
BBC版『Sherlock』が遂に北米進出!-21世紀に蘇ったシャーロック・ホームズは全てが新しく、そして懐かしい
次の記事:
ランチに出かけりゃロケに当たる?【その1】-『Fringe/フリンジ』ロケ現場に遭遇♪

【秋の夜長のドラマ三昧】その2-失敗しないための録画計画…は、新番組編成枠で玉砕

(2010年10月26日)

合間に、日本での『ホワイトカラー』シーズン2オンエアのニュースやら、『Sherlock』の北米上陸やらで、すっかり忘れ去られていた私的特集「秋のプレミアウィークを乗り切るには」その2~「8割方失敗しないための録画・視聴計画の立て方」ですが。


正直に言いますと、玉砕でした!


……努力はしたんですよ。
…………途中までは。
TVWeekについてた、こんな表↓も活用しました。

一週間分の主なチャンネルでのプライムタイム(夜8時~10時)ドラマ編成が、一覧表になっています。
でも局名しか書いてないので、自分で『自分ちのテレビでは何チャンネルになるのか』『新ドラマ&新シーズンは何日から始まるのか』を書き入れます。
こんな風に。

 

主なドラマは、9月20日~24日の間に殆どがスタートですが、中には9月1日から始まったのもあれば、10月1日から始まるものも……ってことで、この予定表は、ほぼ1ヶ月間に渡って私の”ライフライン”になるはずだったのです……が。
まず出だしでつまづきました。
あろうことか自分で書き入れたチャンネル番号が間違ってて、録画した番組を後で見たら『なんでこれを録画したんだ…?』っていうことになって、大間違いが判明しました。『メンタリスト』シーズン3の第1話を録り逃した…

そして、プレミアウィークが始まって2週目に予想外の大編成替え。
わずか2話のオンエアでジョン・ボイト出演の新ドラマ『Lone Star』打ち切りになってしまったのです。そのせいで11月まで始まらない予定だった『Lie To Me(ライ・トゥ・ミー 嘘は真実を語る)』のシーズン3が前倒しで『Lone Star』の後枠に入ることになり、そのため、10月1日から始まる予定だったマーク・ヴァレー主演のアクションドラマ『Hunan Target』シーズン2は11月半ばまでずれ込むことになりました。シーズン1のラストがクリフハンガーだったから楽しみにしてたのに!

MarkValley03.jpg
マーク・ヴァレー Chris Hatcher / PR Photos

さらに、あっちが動けばこっちが動く…というわけで、『Shattered(シャッタード~多重人格捜査官)』は、金曜日の夜9時にやってたはずなのに、いつの間にか水曜日に移動。

やっと落ち着いたかと思いきや、サンクス・ギビング(感謝祭)の特別番組枠とか新エピソード休止とかがあって、毎週火曜日に『Glee』をやってたはずの枠に、毎週水曜日の『NCIS』が突如飛び込んできたり(翌週には元に戻ってた…)『Fringe(フリンジ)』シーズン3をやってたはずなのに、いきなりシーズン2のエピソードが放送されたり……とか、まあそんな感じの”やりたい放題”ぶりをしてくれたわけです。


それでも、無茶な編成枠に闘いを挑むかのように、1日3本ペース録画+裏番組3本をリアルタイム鑑賞。見逃したらTV局のウェブサイトで!というペースで頑張っていましたが、当然1日で全部見切れるものではありません。
HDDに録画がたまっちゃった…という経験のある方ならお分かりかと思いますが、だんだん自分が何を録っていたのか判らなくなってきちゃうんですね。

おまけに、今まで見ていなかった↓まで見るようになってしまい……。

『デスパレートな妻たち』→シーズン6のジョン・バロウマン登場回から見始めたら『渡鬼』ばりに目が離せなくなり、今のシーズン7ではブライアン・オースティン・グリーンが出ていて、さらに今後ジョン・シュナイダーも出るとあって、止められなくなった…。
『ビッグバン★セオリー』→友達から強力に勧められて見始めたらシェルドンにハマった。
『Modern Family』ジェームズ・マーズデンが出るの!…”脱ぎたがり”のご近所さんの役で。でもいつ出るか判らないから目が離せない。

JamesMarsden02.jpg
ジェームズ・マーズデン David Gabber / PR Photos

『30 ロック』→マット・デイモンが出た、前シーズンのファイナルから見始めた。
『ママと恋に落ちるまで』→ニール・パトリック・ハリスに注目中。
”1日1ニール”→毎日ひと目でも「ホワイトカラー」のニールを見て補給しないと、ニール不足になるので。

時間はどんどん足りなくなる上に、溜まってるのを早く見なくっちゃ~!という焦りも感じつつ、1日1ニールは止められない…止めるべきですか?……。


こうして、怒涛のプレミアウィークに翻弄され、疲弊してしまった私は『見られなかったらそれでいいや…これから先、縁があったらまた見られる日も来るだろう…人生なるようになるさ…』と、悟りとも負け惜しみともつかない言い訳を自分にしつつ、2ヶ月足らずで前線から引き上げる体勢に入ったのでした。

”最初に張り切り過ぎて、途中で息切れしちゃった”の典型的なパターンです。
思えば、毎年これを繰り返しているような……。
来年もまた同じようなことを書いてたら、どうかひと言注意してやってください。


前の記事:
BBC版『Sherlock』が遂に北米進出!-21世紀に蘇ったシャーロック・ホームズは全てが新しく、そして懐かしい
次の記事:
ランチに出かけりゃロケに当たる?【その1】-『Fringe/フリンジ』ロケ現場に遭遇♪

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
https://tvgroove.biz/mt/mt-tb.cgi/1635

最近の記事

▲ TOP