あれは誰だったのだろう……?? - UsagyのアメリカンTV気まぐれウォッチング | TVグルーヴ オフィシャル・ブログ アーカイブ(更新終了)

UsagyのアメリカンTV気まぐれウォッチング


前の記事:
『Eastwick』キャンセル…シーズン2の可能性はナシ?
次の記事:
『The Prisoner』-「プリズナーNo6」のリメイクがミニシリーズに!

あれは誰だったのだろう……??

(2009年11月13日)

昨日のことです。
通勤で使っているバスが、チャイナタウンに差し掛かったところで、バスのドライバーが『あそこで撮影してるよ~』と教えてくれました。

見ると、いつも通るバス停のところに、たくさんの人が集まっていて、カメラやレフ板、照明などを持ってる人もいます。

『おお!CMかテレビか映画か? 誰か知ってる役者さんとかいるかな??』

と思いつつ窓から覗いていたら、みんなが黒っぽい地味~な服装をしてる中、一人、トレンチコートにボギーハット(っていうの?)をかぶった、何と言うか昔の刑事の定番の衣装というか、そういう格好をした人がいて、スタッフらしき人がその人に近づいて握手してるのが見えたんです~。

『ぱ、、、、パトリック・スチュワート???!!』

PatrickStewart02o.jpg
パトリック・スチュワート Solarpix / PR Photos

通り過ぎるバスの中からで、しかも横顔しか見えなかったものの、あの特徴的な鼻の高さはしっかり見えた…と思ったんですが、何の撮影だったのか…??
imdbとか見ても、filmingのスケジュールには何も入ってない…。
見間違い??
でもとても似ていたんですよう~。
トレードマークのハ●頭が見えなかったので、確信が持てませんが……。


確信が持てない、といえば! ぐるぐる社長日記で、「Flash Forwardに出ていた日本女性って竹内結子さんどうか?」というお尋ねを頂いていたんですが、『うぬ~~??これはそうなのか??よくわからん…』と、何度観ても今ひとつ確信が持てないで呻吟していたら、AXNさんで正式発表が出ましたね~。


肝心の竹内結子さん登場シーンですが、似顔絵だったり、スケッチだったり、顔が映ったときもカメラアングルやブレ気味の画面とかで、今いちはっきりと見えないような処理がされていて、しかも私自身この7年間、日本のテレビとはさっぱりご無沙汰の生活だったので、竹内さんの顔さえもよく認識できていないという有様でした。
なので、最初に見たときには、一瞬グレイス・パーク???などと思ったぐらいで…。いやほんと申し訳ない。

これからのエピソードで、どんな役柄で登場し、ストーリーにどのように絡んでいくのか楽しみです。
また見かけたら、今度はちゃんと認識できるかと思うので(笑)、またこちらでご紹介したいと思います。


ところで、『Flash Forward』は、第1シーズンはフルエピソードが発注され、とりあえずは安泰……とはいえ、2年目は果たしてどうだろうか?と疑問視する記事を見かけました。→関連記事
次シーズン以降の心配をするのは早すぎるかもしれませんが。

実際、放送日の木曜日の夜って『強敵』揃いだし、8時台というのはテレビを見るには若干早い時間帯なので(私も見られない場合に備えて録画してるし)、視聴率という物差しで見たら、記事で書かれているように「安泰」とは言えないかも。

ただ、このドラマの場合、原作もあるし、いわゆる『タイムリミット』(半年後の未来に向けてストーリーが収束していく…はず)もあるので、ムリヤリ引っ張らなくても、ある程度のところできちんと終わるように作ってもいいんじゃないのかな~?という気がします。間延びしちゃうと、見る気が失せそうで…。


今夜の『Flash Forward』は、『CSI』トリロジーの最終話と放送時間が重なります。
このトリロジー=三部作は、今週月曜日の『CSI:Miami』で事件が始まり、ドクター・レイ(ローレンス・フィッシュバーン)が現地に飛びます。そして、水曜日の『CSI:NY』で、ドクター・レイはNYへ行き、今夜の『CSI』でラスベガスに戻り、事件解決編となるのです。
とりあえず今夜は、『CSI』を見つつ、『Flash Forward』はしっかり録画しておこうと思います。


前の記事:
『Eastwick』キャンセル…シーズン2の可能性はナシ?
次の記事:
『The Prisoner』-「プリズナーNo6」のリメイクがミニシリーズに!

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
https://tvgroove.biz/mt/mt-tb.cgi/1024

最近の記事

▲ TOP