21世紀のヴァンパイア・フィーバーはバンクーバー発? - UsagyのアメリカンTV気まぐれウォッチング | TVグルーヴ オフィシャル・ブログ アーカイブ(更新終了)

UsagyのアメリカンTV気まぐれウォッチング


前の記事:
「ヘアスプレー」のジェームズ・マースデン、「わらの犬」リメイク映画に主演!
次の記事:
春です。シーズンフィナーレの季節がやってきました

21世紀のヴァンパイア・フィーバーはバンクーバー発?

(2009年4月28日)

「トワイライト」の続編映画「NEW MOON」がバンクーバーで撮影されていることは、以前の記事でお伝えした通りです。
撮影は5月21日まで続くということで、相変らず、『××でロブとクリスティンを見た!』だの『手を繋いでスーパーで買い物をしていた』といった目撃情報が日々スクープされています。


ちょっと前になりますが、バンクーバーの無料新聞『24Hours』では、スイスから撮影現場を見るためにバンクーバーに来た二人のティーンエイジャーの女の子たちの話を紹介していました。

『スイスでもスゴイ人気なのよー!』と語る彼女達は17歳の高校生で、昨年の12月に続編映画がバンクーバーで撮影されるという情報をキャッチするや否や、即カナダへのチケットを予約したそうです。
滞在は2週間ですが、その間はずーっとGoogleでロケ情報を捜索し、撮影隊や俳優が現れたという場所を訪れる、という日々だそうです。
かと思えば、ロケ場所となった学校の外で2時間待って、車の窓越しに主役二人を見た!という15歳の女の子もいました。

………みんな…学校にはちゃんと通おうよ……と、オトナとしてはちょっと思ってしまいましたが(笑)、彼女達のエネルギーと行動力には感嘆します。


毎日のように「トワイライト」関係のニュースが出ますが、今日の「24Hours」にて、そんなヴァンパイア・ブームを分析するのは、カナダの大学でもトップ10に入る名門University of British Columbia(UBC)で古典考古学教授を努めるHector Williams氏です。
ちなみに彼の専門は、”ヴァンパイア”だそうです。
……マジですか??!
はっきり言って、記事の内容云々よりも、ヴァンパイア専門に研究する古典考古学者がUBCに存在する、ということ自体に驚愕してしまいました…。
カナダ、さすがゴシックホラーの本場英国のお膝元だけあって奥が深いわ…

さて、肝心の記事中では、「トワイライト」人気の秘密を、「若い魅力的な吸血鬼たちが登場するハーレクイン版ヴァンパイア」と分析しています。
大体は”吸血鬼”というと中年過ぎというイメージが多かったのだとか。
まあ、たしかにオジさま吸血鬼が主流だったとは思いますが、既にその「常識」は、日本においては30年以上も前に萩尾望都先生の「ポーの一族」で打ち破られ、当時の少女達を熱狂させていたわけで、日本漫画文化の世界に先駆けての成熟ぶりが伺えるというものです。

人の歴史に”ヴァンパイア”が現れ始めた(?)のが、ほぼ200年前。
そして、「高貴な生まれのヴァンパイア」という設定は、約100年前に発表されたブラム・ストーカーの小説「吸血鬼ドラキュラ」から始まったそうで、それ以降は色々な形で”進化”を遂げてきた、と教授は解説しています。
確かに、”ドラキュラ伯爵”や”ヴァンパイア”をテーマにした小説やマンガ、映画、テレビは数知れず。私自身も、いつ”吸血鬼”というものを認識したのかはもう覚えていませんが(「怪物くん」かなあ……?)気づけば身近にヴァンパイアがいた!という感じです。


70年代後半から90年代にかけては、「インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア」でブレイクしたアン・ライスの小説「ヴァンパイア・クロニクルズ」が吸血鬼ブームを盛り上げ、その後、TVドラマでは「バフィー~恋する十字架」や、スピンオフの「エンジェル」が大人気になりました。
ちなみに今でも、アメコミショップへ行くと「バフィー」や「エンジェル」の新しく刊行されたコミック版を見つけることができ、まさに不動の人気を誇っていると言えます。
いつの世でも、”ヴァンパイア”は魅力的なんですねぇ。

近年の”ヴァンパイア”物TVドラマですが、

「True Blood」 (アンナ・パキン主演、米HBOの人気吸血鬼ドラマ。オトナ向けの内容ですが、かなり好評。数々の賞にもノミネートされています。2009年GG賞ではアンナ・パキンがTVシリーズ主演女優賞を獲得しました)
「Moonlight」 (1シーズンで打ち切りになってしまったが、個人的には結構好きだった…)
「ブラッド・タイズ」 (カナダ製ヴァンパイアドラマ。シーズン2までありますが、その後はストップしたまま宙ぶらりん。昨今のヴァンパイアブームで再開なるか?? 日本ではSCI-FIチャンネルで放送中だそうです)

……と、毎シーズン1作は必ずヴァンパイア物がある、という感じです。

「トワイライト」ブームで、TVドラマ界にも再びヴァンパイア旋風が吹き荒れるかもしれませんねー!




前の記事:
「ヘアスプレー」のジェームズ・マースデン、「わらの犬」リメイク映画に主演!
次の記事:
春です。シーズンフィナーレの季節がやってきました

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
https://tvgroove.biz/mt/mt-tb.cgi/745

コメント

Crannさん、情報ありがとうございます!北米版のDVDが7月28日発売、というのをAmazon.co.jpで見ました。
でも私も日本語版を待ちます…北米版は3000円ちょっとで安いけどねえ…。
出演者にNaoko Moriさんの名前があったんだけど?!気になります!!
UKサイトはカナダからも見られません。悔しい。。。ちなみにアメリカ国内でしか見られないサイトも結構あって、これもカナダからじゃダメなのです。ハジかれてるなあ。
でもテレビで、Season3の予告が流れ始めましたよ。楽しみです。

「ブラッド・タイズ」もDVDになったらいいですね。。
吸血鬼ブームがまた来てるようで、秋からは「Vampire Diaries」のTVシリーズが開始だそうです。これも原作アリのドラマだそうですね。

投稿者:usagy |2009年7月 1日 11:44

usagyさん、こんにちは!
スレッド違いなんですけど、こちらにまたくっつけさせてください。
TorchwoodのDVDですが、UK放映直後に発売だそうですよ。7月13日です。
…注文したらアメリカ放送より先に届くかも!?いえ、日本語版をおとなしく待ちます(苦笑)新トレイラーも出ているそうですが、BBCサイトは日本では見られなくなってしまっているんですよね。見たらネタバレokですので、ぜひ教えてくださいませ。

ブラッドタイズ、日本でもスカパー系列で放映しているのですが、我が家のケーブルでは見られないので、これまた悔しいです~

投稿者:crann |2009年6月30日 18:09

ますます放送が楽しみになりました!
ところで、まさに今日、6月22日inVancouverのSpaceChannelのニュースで、Torchwood Season3の放送予定がハッキリしました~
TORCHWOOD: CHILDREN OF EARTH は、7月20日~25日に渡って放送されるそうです。
そして、Doctor Who:PLANET OF THE DEADのカナダ初放送も予定されています。これはD・テナント演じる10代目ドクターの最終4話のうちの第1話になるとのことです。

いやはや、Crannさんのコメントを受けてSpaceのウェブを頻繁に覗いていたのですが、まさにグッドタイミングでした!
有り難うございました。

ところで、「ブラッド・タイズ」の原作者はカナダの小説家だったんですね。なるほどトロントを舞台にしたのは、そういうバックグラウンドがあったのか~と納得しました。

投稿者:usagy |2009年6月23日 12:21

http://www.bbc.co.uk/pressoffice/proginfo/tv/2009/wk27/

usagyさん、こんばんは!
カナダのほうが情報あると思ってました ↑は放送予定告知だそうです。
http://www.youtube.com/watch?v=5EGfQ6y5DhA
こちらがyoutubeのトレイラーです。
お役に立ちました?

「ブラッド・プライズ」原作(といっても邦訳版ですが)では、登場人物がすべてストイックなイメージで、特にヴィッキが自分の人生の転換への不安を抱えていて、その不安感がトロントの夜のイメージに結びついているように思えました。
なので、続編を待ち続けて早や何年!?英語で読む根性はありませんし(苦笑)
プリミーバルも今年8月にNHKBS放送予定だそうです!楽しみです!

投稿者:crann |2009年6月22日 22:47

crannさん
こんにちは!お久しぶりです~
ブラッド・タイズ、原作をお読みになってらっしゃるんですね!小説とドラマを比較したらどんな感じなのかお伺いしたかったです。
日本でも再放送をしてくれるといいですね。

ヴィッキ役のクリスティナ・コックス嬢ですが、『スターゲイトSG1』でカッコイイ女性兵士役で出演していたのが印象に残ってます。

そしてそしてTorchwood、北米情報ありがとうございます!
アメリカ放映が一番早いのですか?…カナダは…カナダはいつ??……(涙)
最近Space Channel@カナダでシーズン1が放送開始になったんです。それも”プレミア”と銘打って…。単にSpaceで初放送だから…なんですが、一瞬シーズン3かと誤解してヌカ喜びしてしまいました。

TorchwoodのDVD、私はシーズン2は日本版を買ったので、是非ともシーズン3も続けて出して欲しいです!

投稿者:usagy |2009年6月22日 11:06

おひさしぶりです。
Torchwood情報を求めて参りましたら、ブラッド・タイズを見つけました。知らなかったです~原作は日本でも1巻の「ブラッド・プライズ」だけ翻訳されているのです。映像化されてて日本でも放映されてたなんて!見たかった~~
ヴィッキ役の女優さんは、DoctarWhoのローズにちょっと似ていますよね。原作読んだときのイメージとは違うけど、面白そうです。
さて、Torchwoodですが、シーズン3放映が決まったらしいです。今回はBBCアメリカで製作だそうで、アメリカ放映が一番早いらしいとか。
日本のDVD発売されるかどうか、心配してます。

投稿者:crann |2009年6月21日 18:53

>Buffywinters様
ねーーちょっと心配ですよねぇ…。
一応原作があるから、それほどハズレるようなことはないと信じたいですね。
あとは、私的にカレンパパの出番が増えないかしらと(笑)密かに願っています。

ヴァンパイヤ研究専門の教授、と聞いた瞬間、私も”ジャイルズ?!”と思いました。
どんな講義をするのか体験してみたいですねぇ。

投稿者:usagy |2009年5月 2日 11:45

ん~~、そういう監督ならちょっと嫌かもです。トワイライトは吸血鬼小説じゃなくて高校生の恋愛小説だと思ってるので(私もハーレクインだと思います)、撮れるの?って感じがします。女性監督でお願いしたいです。ってもう決まっちゃったんですね(泣)。

バフィーでエンジェルが初めて変身した(キスの後でしたっけ)のを見たときは、本当にひきました。この俳優さん、イケメンなのにこんなメイクして大丈夫なのか?と真剣に心配しました。後々慣れましたが、ビジュアルは大事です。

それにしてもヴァンパイアが専門の教授が存在する、ですって!まあ、なんて楽しそうな(コラコラ)。ひょっとしてウォッチャーだったりして。

投稿者:Buffywinters |2009年4月30日 20:11

>しみずさん
吸血鬼研究専門の考古学者…って、なんかバフィーに出てきそうなキャラクターじゃないですか?
(笑)ところでトワイライト映画の3作目「Eclipse」の監督がデビッド・スレイドに決まったそうですが、この監督さんが前に撮った吸血鬼映画「30 Days of Night」も吸血鬼の顔が超絶コワイ映画なんですよ……。そんな監督さんがトワイライトを撮って大丈夫なのかしら????とちょっと心配です。

投稿者:usagy |2009年4月30日 11:55

「トワイライト」、本当に大盛り上がりですね! 「NEW MOON」の公開がとても楽しみです♪
“ヴァンパイア検証”、興味深く拝読させて頂きました! 私もこの手の話には弱いです~。ただ「バフィ~」シリーズは、ヴァンパイアに変身すると醜い顔になるので、そこがちょっと…という感じでした。その点、「トワイライト」は美しいままなので、そこがいいですね♪

投稿者:しみず |2009年4月29日 15:56

最近の記事

▲ TOP