2010年VANOCに豪華客船警備本部が出現? - UsagyのアメリカンTV気まぐれウォッチング | TVグルーヴ オフィシャル・ブログ アーカイブ(更新終了)

UsagyのアメリカンTV気まぐれウォッチング


前の記事:
手に汗握る『Changeling』と『その男ヴァン・ダム』
次の記事:
『トワイライト』~ティーン吸血鬼映画が007を超えた!

2010年VANOCに豪華客船警備本部が出現?

(2008年11月22日)

2010年に、バンクーバーで冬季オリンピック(通称VANOC)が開催されます。
現在バンクーバーでは、オリンピックに向けてスカイトレイン(電車)の路線拡張や、道路工事、選手村の建設などが進められています。

ただ、工事に伴うバス路線の変更やら道路の閉鎖、緻密さとは無縁な大雑把なカナダ人のやることなので、計画通りに進みません。
当初の予定よりも長い期間、工事で道路が閉鎖されたため、周辺のお店やレストランが閉店せざるを得なくなったエリアもあります。
工事のせいでバス停が移動してしまい、一番近くのバス停まで15分も歩かなくてはならなくなった場所もあります。
不便さには慣れているバンクーバーっ子たちも、さすがにゲンナリしてきています。

日本人の目から見て、”カナダだなあ”と思うのは、オリンピック期間中の交通渋滞を緩和するため、その期間は仕事を休みにしましょう、とか、働いている人たちもオリンピックゲームを観に行けるよう、雇用主は積極的に休みを取ることを認めてあげましょう、などという通達が出されたりしてること。
日本では考えられないですねえ。

さて、世界中から様々な人たちが集まってくるオリンピック。
警備体制も生半可なものでは行きませんが、たくさんの警察官達が集まる警備本部をどこに置くか、も大きな問題です。
建物が足りなくて建設ラッシュのバンクーバーですが、建っていないビルも既にレント済み、という混み具合です。

ということで、TVシリーズ『騎馬警官』でお馴染み、RCMP(ロイヤル・カナディアン・マウンテン・ポリス→wikipedia)は考えました。
クルーズ船をチャーターして警備本部および宿泊施設として使ったら良いんじゃないか~?と。
いかにもフレイザーが思いつきそうなアイディアですね~。

船の警察本部と言ったら、真っ先に思い浮かぶのが『刑事ナッシュ・ブリッジス』で、ナッシュが所属するSIU本部が置かれていた船です。
調べてみたら、この船はユーリカ号という名前で、今でもサンフランシスコに行けば中が見学できるようです。

VANOCで使われる(かもしれない)船は、5000人の警察官と警備部隊を収容する規模なので、相当な大きさの船になりそうです。
しかも、2隻予定だとか!
これが実現すれば、2010年のVANOCには豪華客船の警備本部がお目見えするかもしれません。



前の記事:
手に汗握る『Changeling』と『その男ヴァン・ダム』
次の記事:
『トワイライト』~ティーン吸血鬼映画が007を超えた!

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
https://tvgroove.biz/mt/mt-tb.cgi/531

最近の記事

▲ TOP