ハル・ベリー主演「EXTANT」と激痛!骨気! - 竹村由紀子 Hollywood Style to Tokyo Eyes | TVグルーヴ オフィシャル・ブログ アーカイブ(更新終了)

竹村由紀子 Hollywood Style to Tokyo Eyes


前の記事:
ニューヨークのルームシェア事情とポム最大の試練
次の記事:
人種差別やゲイの地位向上のため戦うジョージ・タケイさんの映画「To Be Takei」

ハル・ベリー主演「EXTANT」と激痛!骨気!

(2014年8月18日)

ニューヨークにいると、楽しみなことが多すぎて、毎日があっという間に過ぎていきます。

この夏は異例の涼しさで、蒸し暑さとは無縁。朝、出勤するときは長袖を羽織ることもあるほどです。

楽しみの一つは、いち早く海外ドラマが見られること。アメリカにいるんだから当たり前なんですが、日本でヤキモキ新作の放送を待っていた身としては、本当に嬉しいです。


■ハル・ベリー主演「EXTANT」

最近は、CBSで放送中のハル・ベリー主演「EXTANT」を見ています。

02haru.jpg

このドラマは、なぜかイレギュラーな時期(7月)に始まりました。

本来なら、秋に新作ドラマが始まり、春に1シーズン24話が完結するというサイクルのため、夏は再放送が主流になるんですが…戦略が気になりますね。

アメリカでは、7月8月の夏休みにしっかりバケーションをとって旅行に行く人が多いので、ゴールデンタイムにも堂々と人気番組の再放送をしています。ゴールデンタイムに再放送というのは日本ではほとんどありませんが…たとえば、FOXでは現在、ボーンズのシーズン9が再放送されています。

ケーブル局では、メジャードラマ不在のタイミングを見計らって、あえて夏を狙って新作をスタートさせることも多いので、「EXTANT」もそのあたりの事情を踏まえているのかもしれません。

「EXTANT」は巨匠スティーヴン・スピルバーグ監督が手がける近未来SFスリラー。

01haru.jpg

ハル・ベリー演じる宇宙飛行士のモリーが、夫を地球に残して挑んだ13ヶ月の宇宙ミッション中になぜか妊娠してしまい…というストーリーです。あらすじはネタバレになるので、あまり書けませんが、真田広之さんが重要な役どころで出演しています。

ストーリーがちょっと複雑なので、結構、真剣に見ないといけないのですが、今後の展開が楽しみです。

■小顔をめざせ!激痛…骨気!

ところで、この夏、私が気になっているのはこんなに骨を意識したのは人生初です(笑)

アナウンサーをしているときに、声をきちんと響かせるためには、頭蓋骨を矯正したら良いかもしれないと思いついて、機会があったら骨気(コルギ)というのをやってみたいな♪と思っていたんです。もちろん小顔にもなりたいし!

11yaku.jpg

骨気とは、韓国で生まれた手で頭蓋骨や顔の筋肉をグイグイ押して、骨を動かしていく美容法。頭蓋骨って一つの骨だと思っていたら、どうやらパズルのように22枚のピースが組み合わさったものらしく、グイグイ押して老廃物を流せば小顔になるそうです。

アメリカでなぜ韓国の骨格矯正をするのか謎ですが…とにかく、骨気に通い始めました(笑)

興味がある方もいるかもしれないので、アートメイクに引き続き、骨気についても体験談を書いていこうと思います。

ここは、マンハッタンの32丁目コリアンタウンにある「薬手名家」。オフィスビルの中に入っているとは思わなかったので、うっかり通り過ぎそうになりました。

12yaku.jpg

中に入るとこんな感じ。

10yaku.jpg

03yaku.jpg

ピンクのTシャツと短パンに着替えていよいよスタートです。

04yaku.jpg

顔だけのマッサージかと思っていたら、違いました。体もほぐしていきます。リンパを流しているのか、手の動きが高速なので、ゆっくり癒し系ではありませんが、30分くらいやってくれました。

05yaku.jpg

慢性的な肩こりが解消されるのでは?期待大です。

続いて、顔のマッサージ。骨気は痛いと聞いていたけど楽勝と思っていたら、これは骨気ではありませんでした。聞いたら、リンパマッサージとのこと。これもしっかり30分くらいやってくれました。

06yaku.jpg

その後、顔面の型をとりました。初めての!顔に冷たい石膏が塗られていく感じ…

07yaku.jpg

ひんやりしてずっしり重く、なんとも言えません。

08yaku.jpg

この型と何回か通った後の型を比べるそうです。はっきり変化が実感できるといいな~。

ここまでは女性スタッフの方が施術してくださいましたが、最後にオーナーのチェン・キュー・チョイさんが登場。

初めての骨気です。

13yaku.jpg

まるでパンでも捏ねるように、渾身の力であごをグイグイ、えらをグイグイ、頬骨をグイグイと押していきます。

そのたびに強烈な痛み、フーフー深呼吸しながら痛みをこらえました。本当に痛くて、「イタタタタッ」という声も出せず、「うううぅぅぅぅ」とか「ぐむむむぅぅぅ」とかうめいてしまいました。

一回目では、効果はそこまで実感できませんでしたが、そのうち小顔になると信じて、痛みに耐えたいと思います(笑)


前の記事:
ニューヨークのルームシェア事情とポム最大の試練
次の記事:
人種差別やゲイの地位向上のため戦うジョージ・タケイさんの映画「To Be Takei」

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
https://tvgroove.biz/mt/mt-tb.cgi/2540

最近の記事

▲ TOP