東京国際映画祭で来日。ジョン・ウー監督の意外なウィークポイントとは!? - 村上淳子の海外ドラマ裏ネタ宝島 | TVグルーヴ オフィシャル・ブログ アーカイブ(更新終了)

村上淳子の海外ドラマ裏ネタ宝島


前の記事:
「ゴシガル」ブレイクが映画『アデライン、100年目の恋』で主演を射止めた戦略とは?!
次の記事:
コミコン・ホノルルであの人気海ドラの保安官スターにズームイン!

東京国際映画祭で来日。ジョン・ウー監督の意外なウィークポイントとは!?

(2015年11月 1日)

今年、東京国際映画祭で栄誉賞ともいえるSAMURAI賞を受賞したジョン・ウー監督のトークイベントが10月25日、東京・六本木アカデミーヒルズにて開催されました。

香港の貧民街からハリウッドで大成功、まさにアメリカンドリームを実現したウー監督は、『七人の侍』を何度も見直すほど黒澤明監督をリスペクト。日本びいきで数えきれないほど東京には来ているそうですが、「仕事ばかりで実は京都にも行ったことがないんです。次回の東京国際映画祭は京都で開催していただけると行けるのですが…」と無理な注文で会場の笑いをとりました。

wu01.jpg

監督が全権を握る香港から、ハリウッド進出でウー監督がいちばん驚きだったのは、大スターが脚本の決定権、最終編集権、脇役キャスティング権を持っているということ。「俳優が別バージョンを編集するのが信じられませんでした」
でも『ブロークン・アロー』『フェイス/オフ』のヒットでハリウッドでは5人の監督しか持っていない最終編集権を手に入れたそうです。アジア人の誇りですね!

日本の若手監督へのアドバイスを問われると、「日本映画には素晴らしい伝統と精神があります。それを大事にしながら、若い世代が持つ現代感覚をうまく結合できればより良い映画が作れるはず」とエールをおくりました。

今、映画制作以外にワクワクすることは愛犬だそうで、「1歳未満の小さな犬です。雑種なのですが、もう目に入れても痛くないほどかわいくて…。すぐに抱っこしてしまいます。孫のような存在ですね」と、コワモテのウー監督が蕩けそうな笑顔を見せていました。「仕事の悩みやストレスをすべて忘れさせてくれるぐらい、とにかくかわいいんです」ともう愛犬にゾッコン!

『男たちの挽歌2』のとき血糊を日本から大量に輸入。そのせいで日本の在庫がなくなったなど、貴重な裏ネタも聞けましたが、ウー監督のウィークポイントがワンコというのがよくわかりました。愛犬にもしものことがあったら、映画制作に激しく支障をきたしそうですね〜。


前の記事:
「ゴシガル」ブレイクが映画『アデライン、100年目の恋』で主演を射止めた戦略とは?!
次の記事:
コミコン・ホノルルであの人気海ドラの保安官スターにズームイン!

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
https://tvgroove.biz/mt/mt-tb.cgi/2611

最近の記事

▲ TOP