無名の俳優が盛り上げる「ジェーン・ザ・ヴァージン」 - ハリウッドなう by Meg | TVグルーヴ オフィシャル・ブログ アーカイブ(更新終了)

ハリウッドなう by Meg


前の記事:
女性キャラの台頭が目覚ましい「Billions」に参加
次の記事:
6月の根回しイベント

無名の俳優が盛り上げる「ジェーン・ザ・ヴァージン」

(2016年5月23日)

去る2014年10月1日に「今秋の異色作『Jane the Virgin』が受ける理由」でご紹介しましたが、同作は2014年の期待のニューフェイス、ジーナ・ロドリゲス主演の「アグリー・ベティ」と「ギルモア・ガールズ」を掛け合わせたような、ベネズエラのテレノベラ「Juana la Virgen」の米国版です。マイアミを舞台に働き者で信心深い、ベネズエラ系三世23歳のジェーン(ロドリゲス)の生き様を描き、初年度にゴールデン・グローブやピーボディー賞など、多数の賞を受賞した異色コメディーです。

JaneTheVirginInvite.jpg
左からヤエル・グロブグラス(ペトラ役)、アンドレア・ナヴェド(シオマラ役)、ジャスティン・バルドーニ(ラファエル役)、ジーナ・ロドリゲス(ジェーン役)、イヴォンヌ・コル(アルバ役)、ハイメ・カミル(ロヘリオ役)、ブレット・ダイヤー(マイケル役)。

ジェーンの身に降り掛かった「あり得な~~い!」の発端は、結婚するまでは純潔を守り抜くと祖母アルバ(コル)に誓い、彼氏マイケル(ダイヤー)も了解していたのに、産婦人科の定期検診で誤って人工授精され、図らずもバージンで未婚の母になってしまったことです。更に、嘗てジェーンが恋い焦がれていたホテル王の御曹司ラファエル(バルドーニ)が’一粒種’を儲ける最後の頼みの綱だったと聞いてしまい、シーズン1ではマイケルとの婚約を解消して、ラファエルと暖かい家庭を....と夢見たジェーンです。

シーズン2進行中の4月19日、3月にCW局が開催した「Crazy Ex-Girlfriend」根回しイベントと同じく、ATASの向かいに位置するエル・ポータル劇場に向かいました。既に、開場を待つ会員が劇場を取り囲むように、長蛇の列ができ始めていました。まだまだ時間があるので、ぼーっと列に並んでいると、駐車場に向かうダイヤーが、携帯で長蛇の列を嬉しそうに運転席から撮影しているのを目撃してしまいました。他のキャストは、リムジンを横付けにしているのに、参加者と同じ駐車場に自家用車を駐めるなんて、何と庶民的ではありませんか!

JaneMarquee.jpg
CWは意欲作2本の根回しイベントを、エル・ポータル劇場で開催。(c) Meg Mimura

本読みがイベントの目玉であるかのように招待状には書かれていましたが、入り口で手渡された脚本は#201となっています。シーズン2の初回なら観たんだけど....と思いつつ、席に着きました。長テーブルが舞台ぎりぎりの所に設置され、次々とキャストが登場します。

数年前、「スキャンダル」シーズン2の最終回が放映されている時間に、根回しイベントが開催され、最終話をキャストが本読みしてくれたことがあります。そして、我が家に戻って録画を再生して、映像ではこうなっているんだ!と感心した経験があります。しかし、昨秋既に放映された逸話の本読みに、何の意味があるのだろう?きっと、最初の20ページくらいまでに違いない。それにしても、本読みに登場するキャストの数が多過ぎる?などと、考えている内に、どんどん先に進み、延々40分余りかけて#201を読み切りました。長すぎる~~!あくびが出たのは、私だけでしょうか?

ColBardoniPetraMom.jpg
本読みを披露する(左から)ジェーンの祖母アルバ役コル、初恋の人ラファエル役バルドーニ、ラファエルに未練たっぷりの元妻ペトラ役グロブグラス、ペトラの母マグダ役のプリシラ・バーンズ。(c) Meg Mimura

シーズン2は中盤以降に差し掛かり、話はどんどん進展しているので、今更初回を思い出しても何の意味もありません。ご存知のように、テレノベラは、所謂男女関係を綴る’昼メロ’で、英語圏の昼メロなど比べものにならないほど、芝居、仕草、台詞など何もかも極端に大袈裟で、筋や構想が破天荒なことで有名です。

CamilXioRodriguezBardoni.jpg
本読み後、主要キャストがパネルインタビューに参加。裏話に興じる(左から)ジェーンの父親ロヘリオ役カミル、ジェーンの母親シオマラ役ナヴェド、ロドリゲス、バルドーニ。(c) Meg Mimura

故に、この日も、クリエイターのジェニー・スナイダー・アーマンは、5月16日放送のシーズン2最終回を明かすどころか、「ジェーンとマイケルが、本当に結婚するかどうか?それは、見てのお楽しみ!」と述べました。ジェーンが、又々ドタキャンするのか?とハラハラました。すったもんだが何話も続きましたが、結局挙式は滞りなく終わりましたが....三大崖っ淵が待ち構えていました。ハッピーエンドかと思いきや、其処此処に潜んでいる悲劇の数々。ジェーンの人生はどう変わるのでしょうか?

ColGrobglas.jpg
コル(左)とグロブグラス。グロブグラスは、「フランス人の父から学んだフランス語をもっと勉強して、世界で通用する俳優になるのが夢!」と目を輝かせる。(c) Meg Mimura

YaelGrobglas01.jpg
ヤエル・グロブグラス WENN.com

シーズン1では、夫ラファエルを引き止めようと、あの手この手を駆使する悪女ペトラを演じたグロブグラスでしたが....シーズン2ではラファエルの双子を出産、産後鬱病を患ったり、ジェーンに助けを求めたりして、本人の意思に反して弱味を披露し、私の最も好きなキャラになりました。タフなチェコスロバキア人の役ですが、グロブグラスはオーストリアとフランス人の両親の間に生まれ、イスラエルで育ち、ダンサー、モデルを経て、2013年のパイロット・シーズンにLAに移転した経歴の持ち主。「ヘブライ語で演技指導を受けていたので、英語の台詞にはまだ慣れません。それに、ペトラはチェコスロバキア出身だから、言葉も文化も一から勉強してます」とグロブグラスは述べました。又、シーズン2後半から、存在すら知らなかったペトラの双子の片割れアネスカの二役を見事にこなし、「こんなチャンスを頂いて、無駄にしないよう頑張ります」と意欲満々です。

シーズン3更新が3月に発表されましたが、1年目より視聴率は確実に低下しています。先週、CW局の今秋の編成が発表されましたが、「スーパーガール」がCBSから移転することもあって、マンガ本の実写化が益々増えて、「Crazy Ex-Girlfriend」と「Jane the Virgin」は少数派です。リメイクやリブート作品の蔓延で、創造力豊かなユニークなこの2本は、希少価値と言えるでしょう。

BardoniDyer.jpg
イベント終了後、サインと写真撮影に気軽に応じるバルドーニ(左)とダイヤー。若い女性ファンはラファエル派とマイケル派に二分される。(c) Meg Mimura

Camil.jpg
番組の中でも、テレノベラのスターを演じるカミル。歌手/俳優/トーク番組司会者は、メキシコでは知らない人はいないほどの有名人だが、アメリカではまだまだ知名度は低い。シーズン1に出演して、車のCFに出るようになった。(c) Meg Mimura

どの俳優もサービス精神旺盛で、最後の一人まで、実に丁寧に対応していました。無名の俳優を集めて始まった「コールドケース」同様、いつまでも高ビーにならず、ファンに感謝する集団でいて欲しいものです。


前の記事:
女性キャラの台頭が目覚ましい「Billions」に参加
次の記事:
6月の根回しイベント

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
https://tvgroove.biz/mt/mt-tb.cgi/2631

最近の記事

▲ TOP