エリック・メビウス、ジェイソン・ドーリングに再会! - ハリウッドなう by Meg | TVグルーヴ オフィシャル・ブログ アーカイブ(更新終了)

ハリウッドなう by Meg


前の記事:
「12モンキーズ」ヒロインがアマンダ・シュルだから目が離せない
次の記事:
国民的英雄コーチ・テイラーのTV復帰作「Bloodline」

エリック・メビウス、ジェイソン・ドーリングに再会!

(2015年3月19日)

去る1月8日、プレスツアーの一環として、Crown Media Familyの晩餐会がパサデナ・トーナメント・ハウスで開催されました。テーマは「Richness of Romance」で、Hallmark ChannelとHallmark Movies & Mysteries局の2015年の作品を紹介するイベントです。ロマンスがテーマとあって、今回は宴会場、メニュー、手土産にも、全てピンクのバラがあしらわれています。

Roses.jpg
晩餐会の各テーブルの中央を飾るピンクのバラ。持って帰りたいほど、綺麗だった。 (c) Meg Mimura

Dinner.jpg
宴会場は仮設テントの中に設置されているが、シャンデリアをふんだんに使って、豪華な雰囲気を醸し出している。 (c) Meg Mimura

宴会場が余りにも美しいので、写真を撮っていると、「ヴェロニカ・マーズ」でローガンを演じたジェイソン・ドーリングに鉢合わせしました。最近、映画「ヴェロニカ・マーズ」を観たばかりで、海軍士官の制服姿が脳裏に焼き付いていたので、思わずその話に。通常、テレビシリーズから映画になると、水増し感があってがっかり!ですが、この映画はなかなか良くできていて、次作の話があるのかどうか聞いてしまいました。クリエイターのロブ・トーマスがCWの新作「iZombie」で忙しいので、当分お預けだそうです。

mimura159my.jpg
「ヴェロニカ・マーズ」でローガンを演じたドーリング。「初めて会ったのはいつだっけ?」の会話から、映画や最新作まで話題は尽きない。 WENN.com

ドーリングのHallmark Channelの新作は「Heart of the Matter」ですが、放送日は今の所未定。他には?と尋ねたところ、Foxの春の新番組「The Messengers」の2~4話に出ていることが判明しました。パイロットは観ましたが、余りにもスローテンポで、しかも西洋文明が信じて止まない黙示録なので、続けて観る必要はないと判断したばかりでした。ドーリングがどのような役なのかは不明ですが、少なくとも4話までは観てみよう!と思います。

Menu%26Card.jpg
メニュー(左)もバラで、ピンクのグラデーションが美しい。手土産は黒い箱入りのチョコレートだったが、バラをあしらったカードが付いていた。お見事! (c) Meg Mimura

この2局は、昔ながらのテレビ映画作りに専念しており、近年ディズニーABCがかなぐり捨てた家族全員が楽しめる健全な作品を放送しています。最近では、Hallmark Channelが毎週放送するテレビシリーズにも力を入れており、アンディー・マクダウエル主演の「Cedar Cove」に引き続き、キャサリン・ベル主演の「The Good Witch」(本年2月28日プレミア)も好評です。

また、昨年7月8日の豪邸で開催された真夏のクリスマス晩餐会に姿を現さなかった、私のお気に入りドラマ「Signed, Sealed, Delivered」チームも、今回は出席しました。2014年7月22日のブログで、エリック・メビウスの新作としてご紹介したこのドラマは、郵便探偵局員4人が配達不可の郵便物の受取人を探し当てる、心温まる物語です。郵便が届かなかったために、生まれる人間ドラマが繰り広げられ、特にお涙頂戴悲劇が私の好みです。

mimura160my.jpg
「アグリーベティ」以来、温和な人柄に触れて、いつも応援しているメビウス。最近、地上波局の作品で見かけないので、「Signed, Sealed, Delivered」は大歓迎!この日も、メビウスの二人の幼い息子の話が尽きなかった。 WENN.com

久々に再会したメビウスは、カナダで撮影している同作が大いにお気に入りの様子で、どの逸話に最も感動したとか、オリバー・オツール役について熱く語ってくれました。オリバーは、「アグリーベティ」の遊び人ダニエルとは正反対で、オタク色が濃く、四角四面の官僚です。

そんなオリバーに密かに惹かれているのが、クリスティン・ブースが演じるシェーン・マッキナーニーです。二人のロマンスは?とブースに尋ねましたが、シーズン1最終話でオリバーの別れた奥さんホリーに連絡するよう勧めるのがシェーンの役所。本年6月に放送予定の「Signed, Sealed, Delivered from Paris with Love」(仮題)で、ホリー役にはポピー・モンゴメリーが登板、パリで再会する展開だと話してくれました。

Chocolate.jpg
黒い箱の中身は、番組タイトル入りのダークチョコレート!Crown Media Familyの細かい心遣いに、いつも感謝、感激、雨あられ。 (c) Meg Mimura


前の記事:
「12モンキーズ」ヒロインがアマンダ・シュルだから目が離せない
次の記事:
国民的英雄コーチ・テイラーのTV復帰作「Bloodline」

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
https://tvgroove.biz/mt/mt-tb.cgi/2570

最近の記事

▲ TOP