「お騒がせ」ペイリン再登場、14年冬のTCAプレスツアー - ハリウッドなう by Meg | TVグルーヴ オフィシャル・ブログ アーカイブ(更新終了)

ハリウッドなう by Meg


前の記事:
ジュリア・ロバーツは噂通り!14年冬のTCAプレスツアー
次の記事:
久々の癒し系2作品!14年冬のTCAプレスツアー

「お騒がせ」ペイリン再登場、14年冬のTCAプレスツアー

(2014年2月13日)

1月10日、早朝8時、まだネボケ眼の評論家集団に殴り込みをかけたのは、他でもない元共和党副大統領候補のサラ・ペイリン!!!旦那が出演したリアリティー番組「Stars Earn Stripes」のプロモーションに駆けつけ、NBCのプールサイド・パーティーを独占したあの「お騒がせ」ペイリンです。写真を撮った撮らないで、プロにあるまじき行為と会長のお叱りを受け、TCA内乱が勃発した2年前の夏以来の登場です。

Palin%20invite%20correct.jpg
Sportsman Channelから盛んに送られてきたペイリンを囲む朝食会のお知らせ。番組自体への関心は薄く、国粋主義を絵に描いた様なブロガー軍団が最前列を占拠してはしゃいでいた。早朝からきんきんした声で意味不明の番宣をまくしたてられても....

今回は、Sportsman Channelと言う誰も聞いたことのない局の「Amazing America with Sarah Palin」なる野性的ライフスタイル番組を紹介するためなのです。トレーラーを見ても、ペイリンの説明を聞いても、一体どんな番組になるのか不明なのですが、局のお偉いさんがペイリンを「The First Lady of Wild Lifestyle」と称したので、間違いないと思います。

作り笑いときんきん声で、意味不明、間違いだらけの発言を連発しました。アメリカの開拓精神を蘇らせ、若い女性に狩猟や釣りなどの醍醐味を伝えたいと息巻いた上、評論家をアラスカに招待、「我が家で野性的ライフスタイルを体験してください!」と煙に巻きました。

パネルインタビューはない上、質疑応答は何故か(?)速記されませんでしたが、朝食を口にしながら、評論家達はツイッターでコメントを交わしました。後から、これを読んで、局側が記録を残さなかった意味がよ〜く解りました。

また、同局のサイトを覗いた所、右寄りの番組だらけです。「Dead Meat」「Bowhunter TV」「YoungWild」「Maximum Archery」等々、ぎょっとするタイトルが並んでいるではありませんか?そして、極めつけは「NRA News」(全米ライフル協会ニュース)です。

そそくさとテーブルを離れようとすると、近くに座っていた右翼派の新聞記者にペイリンと写真を撮ってくれと頼まれてしまいました。えー!ペイリンと写真の組み合わせは、やばい!と説明する間もなく、カメラを突きつけられ、そこへ運良く(?)ペイリンが現れて、ハイポーズとなりました。TCA会員権を剥奪されるのではないか?と心配する一方、ペイリンとのツーショットを確認して感涙にむせぶ青年に、胸騒ぎを覚えました。

マッケイン/ペイリン共和党候補が当選しなかったからこそ、また無知文盲が何をほざいている!と笑っていられますが、次回の大統領選で共和党員の中でも最右翼がのし上がってきたら、一体どうなるのでしょう?

2日後、WGN局が初のオリジナル作品として「Salem」の制作を発表しました。集団ヒステリーとしてアメリカ史の汚点とも言われるセイラムの魔女狩りを描いたホラー/スーパーナチュラル系ドラマです。「17世紀には魔女が魔女狩りをしていた」とクリエイターが発言し、下手をすれば21世紀に魔女狩りされるのは、ペイリンをバカにしつつも、恐れてきた常識人かもしれないなーと変な想像をしてしまいました。

Salem%20invitation.jpg
WGNから送られてきた初のオリジナル作品制作発表への招待状。パイロットを観た仲間は、「アメリカン・ホラー・ストーリー」など目じゃないほど恐い!と言う。

クリエイターは、「トニー・ソプラノやウォルター・ホワイトのような、美味しいアンチヒーロー役を女優にもと思って書いた」と述べました。主役メアリーを演じるジャネット・モンゴメリーは、「テレビ史上初の、極悪女を演じられて嬉しいわ」と清々しい笑顔で語りましたが、実は最初に登板したのは「リベンジ」のアシュリー・マデクウェだったと聞き、大いに納得しました。遂にアンチヒーローの波は女性にまで及んだため、最近魔女ものが多いのでしょうか?

AES-076927.jpg
「Salem」でテレビ史上初(?)の極悪女を演じるジャネット・モンゴメリー(左)。「Dancing on the Edge」のサラ役が良かっただけに、イメージを崩して欲しくない。
「リベンジ」で打算的な小悪魔を演じたアシュリー・マデクウェ。ティトゥーバ役の予行演習だったのか?
Andrew Evans, Janice Ogata / PRPhotos.com

WGN%20Salem%20goods.jpg
WGNからのお土産は帽子、膝掛けとTシャツ。アクセントの首縄に竦んだの私だけ?


前の記事:
ジュリア・ロバーツは噂通り!14年冬のTCAプレスツアー
次の記事:
久々の癒し系2作品!14年冬のTCAプレスツアー

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
https://tvgroove.biz/mt/mt-tb.cgi/2488

最近の記事

▲ TOP