風前の灯火「スリーピー・ホロウ」!?3月31日の最終話でシリーズ完となるのか? - ハリウッドなう by Meg | TVグルーヴ オフィシャル・ブログ アーカイブ(更新終了)

ハリウッドなう by Meg


前の記事:
3月13日午後9時放送のDLife開局5周年スペシャル 海外ドラマSO!選挙SPに出演。
次の記事:
年増女優の確執を描くライアン・マーフィーの「Feud: Bette and Joan」。ハリウッド史上最大のライバルの醜い闘いを描いていと可笑し!実は、排他的白人男社会を批判するドラマか?

風前の灯火「スリーピー・ホロウ」!?3月31日の最終話でシリーズ完となるのか?

(2017年3月16日)

※「スリーピー・ホロウ」日本未公開シーズンについてのネタバレが含まれます。


今年1月のプレスツアーでは、話題にものぼらず、プロデューサーにインタビューを申し込んだのに、結局会うこともできませんでした。新ロケ地アトランタに、メディアを招待する企画があると聞いたので、問い合わせましたが、梨の礫です。4年前、鳴物入りで登場した超ユニークな「スリーピー・ホロウ」の前途は、3月現在風前の灯火と化しています。

アイデアが枯渇して久しいハリウッド(映画、テレビとも)は、アメコミドラマに走るか、複雑なリメイクでお茶を濁してきました。現況では、独創性の高い「スリーピー・ホロウ」は、希少価値の最たるドラマと言えます。米国独立戦争の史実に、18世紀を生きたイカボッド・クレーン(トム・マイソン)が見聞きした魔女伝説や歴史には記されていない魔物伝説などを加えたファンタジー+ホラーものです。米国の歴史を学べる上、建国に力を貸したクレーンの目から見た偉人の人となりを知ることができる、実にユニークなドラマです。

TomMison01.jpg
このドラマで一躍スターの座についたマイソンだが、英国人の国民性なのか、謙虚で礼儀正しく、奢らないのが魅力的だ。個人的には、本作シーズン2で深く掘り下げようと試みられた、クレーンの生き様をもっと知りたかったが、今となっては諦めるしかなさそうだ。 WENN.com

18世紀の軍人クレーン(トム・マイソン)と、幼い頃から生き地獄を味わって大人になった21世紀の捜査官アビー・ミルズ(ニコール・べハーリー)との摩訶不思議な関係がやがて黙示録の’証人’として一丸となって諸悪に立ち向かうようになります。その名コンビが解消してしまった今、「スリーピー・ホロウ」に未来はあるのかが、昨冬より懸念されてきました。

NicoleBeharie01.jpg
アビー役で体力の限界を感じていたベハーリーは、予想通りシーズン3を完了して降板してしまった。アビーとクレーンの友情がロマンスに発展しなかった事が、視聴率降下の原因と言われているが、在り来たりの男女関係にならなかったことに感謝、感謝。 WENN.com


16年1月27日の「悲喜交々?2016年冬のプレスツアー」でご報告しましたが、フォックス・テレビジョン・グループのデイナ・ウォルデン会長兼CEOからは、「シーズン3には、大いに満足している。創作チームは良くやっていると思うが、毎シーズン『からくり』を考案するのに苦労している。今日更新発表はできないが、2~3ヶ月中には決める」と、どちらとも解釈できる政治家並の答えでした。但し、マイソンを他に取られたくないのは明らかで、いかなる器を構築して引き止めるのだろう?と期待が寄せられていたのですが....


Sleepy Hollow


1月6日から放送開始となったシーズン4は、過去の報道とは正反対で、キャストは総入れ替えと言っても過言ではありません。クレーンは、首都ワシントンDCに根拠地を移し、アビー亡き後の冒険を続けますが、スリーピーホロウからはジェニー(リンディー・グリーンウッド)が助っ人に駆けつけるのみです。



1月のプレミア前に拡散されたツイートには、シーズン4の新チームの写真が。左からアレックス(メルヴィン)、ジェイク(マッキノン)、ダイアナ(ギャヴァンカー)、クレーン(マイソン)、ジェニー(グリーンウッド)。


クレーンの新パートナーは、ダイアナ・トーマスFBI特別捜査官(ジャニア・ギャヴァンカー)。FBIの相棒を失い、現場に居合わせたクレーンと捜査を続けるうち、女手一つで育てているモリー(オオナ・ヤッフェ)が、ある日突然口を聞かなくなった悩みを打ち明けて、絆が深まります。

そして、今シーズンの「からくり」は....ダイアナの娘モリー(10歳)がアビーの身代わり、つまり新たな証人として登場します。又、クレーンとモリーを守る取り巻きは、年齢層がぐっと下がり、一見高校生?と見紛うばかりの、ジョージ・ワシントンが設立した怪奇現象古文書保管所で働くジェイク・ウェルズ(ジェリー・マッキノン)と、機械に精通したアレックス・ノーウッド(レイチェル・メルヴィン)です。まるでハリー・ポッターか少年探偵団を彷彿とさせます。

悪を呼び寄せて世界制覇を目指す、クレーンの大敵には、テクノロジー成金マルコム・ドライファス(ジェレミー・デイヴィース)、ボディーガード(魔物?)、ジョーブ(カマール・デ・ロス・レイエス)、更に若い女の子に大人気のネット・スター、ローガン・マクドナルド(ロビー・ケイ)がPied Piper役になります。

モリーが主役なの?と尋ねたくなる展開や取り巻きキャラの数が増えて、Foxが大事にしている筈のマイソンの出番は半分以下になってしまいました。マイソンの美しさに惹かれて観ている私は、早送りが常套手段になってしまいました。

平均視聴者数は、シーズン3の307万人から、194万人に激減しました。3月31日に、シーズン4の最終話が放送されますが、青天の霹靂でもない限り、シリーズ完の逸話となるに違いありません。あー、残念!イギリス/アイルランドから、美青年が続出しているとは言え、トレンドの先駆けがマイソンだっただけに、名残惜しい気がします。


前の記事:
3月13日午後9時放送のDLife開局5周年スペシャル 海外ドラマSO!選挙SPに出演。
次の記事:
年増女優の確執を描くライアン・マーフィーの「Feud: Bette and Joan」。ハリウッド史上最大のライバルの醜い闘いを描いていと可笑し!実は、排他的白人男社会を批判するドラマか?

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
https://tvgroove.biz/mt/mt-tb.cgi/2661

最近の記事

▲ TOP