米国テレビ業界の過去、現在、未来 - ハリウッドなう by Meg | TVグルーヴ オフィシャル・ブログ アーカイブ(更新終了)

ハリウッドなう by Meg


前の記事:
ペテン師と殺し屋の丁々発止のやり取りが面白い「Good Behavior」
次の記事:
トランプ対策一色の17年冬のプレスツアー

米国テレビ業界の過去、現在、未来

(2016年12月31日)

クリスマスが終わって、今年も残り少なくなりました。今秋の新作は中休みの真っ最中で、来年早々まで後半は再開されません。新年1月5日から恒例の冬のTCAプレスツアーが始まります。地上波局、ケーブル局とも、春の新番組を紹介し、同時に1月以降再開される2016~17年期新番組の後半と継続番組についてもパネルインタビューが予定されています。

2017年冬のTCAプレスツアーの予定
1月5日  DirecTV
1月6日 セット訪問
1月7日 Hulu
1月8日 The CW
1月9日 CBS/Showtime
1月10日 Disney/ABC
1月11日 Fox
1月12日 FX
1月13日 ケーブル局
1月14日 ケーブル局
1月15日 PBS
1月16日 PBS
1月17日 NBCユニバーサル
1月18日 NBC


11月初旬、先ずNetflixが冬のプレスツアー不参加を発表しました。理由は色々と憶測されていますが、2013年初参加以降、Netflixが世界制覇しようと焦る余り、番宣費用を浅く広くばら撒き過ぎた結果ではないか?と思います。テレビ業界に殴り込みを掛けたものの、オリジナル作品以外は、地上波やケーブル局から購入したものをストリーミング配信している訳ですから、配給元を脅かせば、それなりの報復は免れません。旧体制への挑戦とは言うものの、旧体制としては黙って崩壊するのを見ている手はありません。ここ1年程、地上波局もケーブルもそれなりに対策を講じてきました。Netflixは自ら築き上げた新体制の中で、生き残れるのか?的記事がそろそろ出回り始めています。


来春、シーズン3で完了すると発表された「ブラッドライン」のパネルインタビューに参加できないことだけが心残りです。プレミアは毎年NYで開催され、大手紙媒体のみを対象に番宣をかけるNetflixですから、シーズン3は取材は疎か情報入手さえ更に困難になることが予想されます。


又、今月初旬には地上波局(ABC、CBS、Fox、NBC)がお偉方のインタビューを、夏のプレスツアー時のみに実施すると発表しました。つまり、来る1月にはABC、CBS、NBC3局の方向付けは聞くことができないと言うことです。Foxは、後日評論家から要望のメールが舞い込んだので、何とかスケジュールを調整して実施すると知らせてきました。CWとFox以外は、質問があればプレスツアーでお偉方を探し当てろと言うことです。


ストリーミング配信会社にも、地上波局にも見切りを付けられたTCAプレスツアーは、そろそろ古代の遺物として、葬り去られようとしているような気がします。TCAの存在自体が危ぶまれて10年余り、2017年夏にはもう開催されないかもしれません。プレスツアーがなくなってしまうと、どこでどうやって情報入手したら良いのでしょうか?お先真っ暗!!


ここ2週間、春の新番組のパイロットを視聴するように、各局からDVDが届いたり、オンライン視聴のパスワードが送られてきます。まだ、全て観た訳ではありませんが、HBOの「The Young Pope」は、「ボルジャ家 愛と欲望の教皇一族」の現代版と言っても良い、宗教団体の内幕暴露シリーズです。信者でもないのに、ローマ・カトリック教会傘下のミッションスクールに押し込まれ、苦難の12年を過ごした私は、権力の濫用や不条理な慣習などを指摘して憂さ晴らしできるので、内幕暴露シリーズは大歓迎です。


Official Trailer: The Young Pope (HBO)


又、同局の「Big Little Lies」は、ニコール・キッドマン、リース・ウィザースプーン、ローラ・ダーン、シェイリーン・ウッドリー等、有名な女優が出ている割には、「デスパレートな妻たち」の超高級版で、こんな海辺の豪邸に住んでいて何の文句があるの?と腹が立ちます。(笑)尊敬するデビッド・E・ケリーの手になる限定シリーズだとは、資料を読むまで気が付きませんでした。作風がすっかり変わってしまったのか、最後まで観ると趣旨が明確になるのか....


Big Little Lies: Official Trailer (HBO)


更新された番組としては、「Billions」と「ホームランド」に敵う作品はありません。「Billions」については、本年3月7日「現在進行中の新作」及び5月18日「女性キャラの台頭が目覚しい『Billions』に参加」で再三述べましたが、ヘッジファンドで巨万の富を築いたボビー・アクセルロッド(ダミアン・ルイス)対NY検事局のチャック・ローズ検事(ポール・ジアマッティ)の一騎打ちを描くシリーズです。シーズン2は、訴訟に持ち込めなかったチャックが二度と立ち直れないよう、ヘッジファンド界の競合会社と共謀、益々凶悪化して行くボビーを描きます。チャックとボビーの間を巧みに泳いで大金を手にしたウェンディ・ローズ(マギー・シフ)は、期待外れも良いところです。もっと、大それたことをしていて欲しかったのに....パフォーマンス・コーチの醍醐味が忘れられないのか?ヘッジファンド界の引っ張りだこの座を維持したいのかも知れません。


Billions | Season 2 Tease | SHOWTIME


「ホームランド」シーズン6はキャリー(クレア・デインズ)の故郷NYを舞台に、インターネットでテロ教育を受けた、今最も恐れられている「国産テロリスト」にどう対処するかが描かれます。テロリストは、最早遠方の脅威でも、他人事でもありません。米国本土で、密かに培われている現実を直視する時が来たのです。


Homeland Season 6 (2017) | Official Trailer | Claire Danes & Mandy Patinkin SHOWTIME Series


物騒な話で終わるのは何なので、12月4日から再開された「The Royals」シーズン3のトレーラーをご覧ください。2015年3月11日「スキャンダル満載!英国王室一族を描く『The Royals』」でご紹介したE!局初のオリジナル作品です。シーズン2は、サイモン国王(ヴィンセント・レーガン)が暗殺され、犯人の捜査と、国王の弟サイラス(ジェイク・モスコール)の暴君振りを描きました。シーズン3は、死んだ筈の長男ロバート(マックス・ブラウン)の奇跡的帰還と、国王の座に就く覚悟を固めた次男リアム(ウィリアム・モーズリー)との対決になりそうです。


The Royals “Are Crazy in Love” (Season 3 Promo # 3)


15年5月26日の「気になる英国人俳優達」でご紹介したトム・オースティンが演じるジャスパーは、シーズン2ではエレノア王女(アレクザンドラ・パーク)に取り入ろうと必死になればなるほど、足蹴にされる弱い立場でした。漸く、エレノア王女とよりを戻したジャスパーの活躍が期待されるシーズン3です。更に、王妃ヘレナ(エリザベス・ハーリー)の秘書のようにこき使われるスペンサー役に登板したジュールス・ナイトも、十二分に目の保養になります。番組の中では、歌唱力を披露できるのでしょうか?


JulesKnight01.jpg
ポップグループ「ブレイク」の一員歌手から、俳優に転身。王妃ヘレナにこき使われるスペンサーとして登板したジュールス・ナイト。英国から次々と登場する期待のニューフェイスの一人だ。WENN.com


前の記事:
ペテン師と殺し屋の丁々発止のやり取りが面白い「Good Behavior」
次の記事:
トランプ対策一色の17年冬のプレスツアー

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
https://tvgroove.biz/mt/mt-tb.cgi/2656

最近の記事

▲ TOP