「ボーンズ」クリエイターの新作「Backstrom」は奥が深い! - ハリウッドなう by Meg | TVグルーヴ オフィシャル・ブログ アーカイブ(更新終了)

ハリウッドなう by Meg


前の記事:
Bravo局初のオリジナル作「Girlfriends’ Guide to Divorce」はドラメディー
次の記事:
ミニシリーズ「The Slap」は面白い?

「ボーンズ」クリエイターの新作「Backstrom」は奥が深い!

(2015年2月16日)

1月7日から20日までの2週間、TCAプレスツアーが開催されました。冬のプレスツアーでは、春の新番組が紹介されますが、ほとんどの作品が3月から4月にかけての放送のため、入手した情報は保存しておくことになります。

TCAプレスツアーや春の新番組は次回から随時レポートしますが、初回はFoxの新作で1月22日から放送されている「Backstrom」をご紹介したいと思います。スエーデンのレイフ・G・W・パーソン著書「The Backstrom」シリーズ本を元に、「ボーンズー骨は語るー」のクリエイター、ハート・ハンソンが創作した犯罪捜査ドラマです。原作は公私とも駄目男として描いていますが、ハンソンは「完全な駄目男では、救いようがないし、視聴者が付いてこない。ドラマのエンジンになるキャラは、何かに長ける分、社交性に欠ける『変人』が一番!」と語りました。

【動画】新作ドラマ「Backstrom」トレーラー

ポートランド市警察特別犯罪部を率いるバックストロム警部補(レイン・ウィルソン)は、刑事コロンボのように、なり振り構わず仕事一筋ですが、ルール違反や罵詈雑言は日常茶飯事。ハウス医師(「HOUSE」)のように自暴自棄で、暴飲暴食、不摂生がたたり一触即発の毎日です。人種差別的発言をしたと交通整理に格下げされた屈辱や容疑者を射殺した罪の意識を胸に秘め、職場復帰を承認する医師が「話し相手」を処方するほどの一匹狼です。

mimura151my.jpg
「50近い冴えないおっさんとしては、この役を逃す手はない!と焦ったよ」と、ウィルソンはバックストロムを射止めた経緯を語った。更に、「部下と一緒にバックストロムの心中を探って欲しい」と、ハンソンの作品の深い味わいを指摘。 WENN.com

取り巻きは、バックストロムを持て余す“お嬢ちゃん”刑事グレイヴリー(ジェネヴィエーヴ・エンジェルソン)、パートで牧師を務めるアーモンド刑事(デニス・ヘイスバート)、鑑識官でバックストロムの唯一の味方ニーダーマイヤー巡査部長(クリストファー・ポラハ)、腕力と追跡力を買われたモト警官(ペイジ・ケネディー)、サポートスタッフのナディア(ベアトリス・ローゼン)の5人です。バックストロムの自宅のデコレーターと称して住み着いたグレゴリー(トーマス・デッカー)も、ユニークな’コネ’を利用して捜査に協力します。

mimura154my.jpg
カトリック信者の父とバプテストの母に育てられたヘイスバートは、アーモンド刑事/牧師を「美味しい、ユニークな役!」と指摘する。更に、近々6度目のイラク/アフガニスタン慰問に出かけるヘイスバートは、「これまでと同様、今回のキャラにも、軍人としての過去を盛り込んだ」と述べた。 WENN.com

パイロットを送って来なかったので、前評判だけでパネルインタビューに臨みましたが、
1)ハンソンが創作したこと
2)取り巻きに良い役者が揃っていること
3)「HOUSE」刑事版のような複雑な主人公
の3点が気に入りました。

パネルインタビューでの発言だけ聞いて、どれ程嫌な奴なんだろう?と覚悟してパイロットを観ましたが、バックストロムをコントロールしようと必死になる“お嬢ちゃん”刑事グレイヴリーの方がずっと癇に障りました。そして、2話、3話と観るうちに、バックストロムの人間嫌い、自暴自棄、暴飲暴食、不摂生の理由が少しずつ判明し、傷ついた人間の哀しさが巧妙に描かれた久々の人間ドラマにホロリとしました。

mimura153my.jpg
“お嬢ちゃん”刑事グレイヴリーに抜擢されたエンジェルソンは、「頭に来る破廉恥な上司だけど、仕事はできるから、許せちゃう!」とバックストロムに言及した。俳優学校を出て、2年も経たないうちに、「House of Lies」で破廉恥なビジネスコンサルタントに揉まれ、今回は破廉恥な警部補に直面するエンジェルソンだ。 WENN.com

ポラハは、以前CW局の「Life Unexpected」に出演していた時に、インタビューをしたことがあります。その後、同局の「Ringer」で何度か顔を合わせていますが、芯から誠実で謙虚な人なので、どの作品に出ても必ず応援します。人となりに触れて、是非大成功を収めて欲しい!と陰ながら応援している役者の一人なのです。バックストロムとのやりとりが面白いし、ニーダーマイヤーの心理分析が的を得ていて、それが言いたかった!と痒い所に手が届く点も大いに気に入っています。

mimura152my.jpg
ニーダーマイヤー巡査部長役のポラハも、「ハートの脚本に惚れた!」と語った。鑑識オタクではあるが、バックストロムを刑事として尊敬すると同時に、職場仲間にバックストロムを理解してもらおうと心理分析する、スポークスマン的存在を好演している。 WENN.com

但し、激戦区の木曜日、1月22日のパイロットはある程度視聴率がとれましたが、2週目には「スキャンダル」後半が再開され、3週目には「ブラックリスト」が同時間枠に殴り込みをかけたため、苦戦しています。観るものが1本もない時間帯や曜日だってあるのに...Foxさんお願いしますよ!CBSからの拾い物とは言え、もう少し気を入れて編成、宣伝してください。昨今珍しい奥の深い人間ドラマ、13話で終わらせてしまうのは勿体無いと思いませんか?


前の記事:
Bravo局初のオリジナル作「Girlfriends’ Guide to Divorce」はドラメディー
次の記事:
ミニシリーズ「The Slap」は面白い?

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
https://tvgroove.biz/mt/mt-tb.cgi/2565

最近の記事

▲ TOP