続きが気になってたまらない!最新TVシリーズ「12モンキーズ」 - 清水久美子のライターズ・プレイス&海外ドラマのイケメンをチェック! | TVグルーヴ オフィシャル・ブログ アーカイブ(更新終了)

清水久美子のライターズ・プレイス&海外ドラマのイケメンをチェック!


前の記事:
「インターステラー」が衝撃的過ぎて、頭の中をのぞいてみたい監督、クリストファー・ノーラン。
次の記事:
ベン・ウィショーの魅力が全編からあふれ出す新作映画「追憶と、踊りながら」

続きが気になってたまらない!最新TVシリーズ「12モンキーズ」

(2015年3月23日)

久しぶりの更新です。どの作品を取り上げようかな…と思っている間に、時が経過し…(←言い訳!?)
久々の記事は、やっぱり海外ドラマを!
アメリカのSyfyチャンネルで1月にスタートしたばかりの「12モンキーズ」。
日本上陸、早いですね!
Huluは最近ほかでは見られない番組を最速で配信してますね。


12%E3%83%A2%E3%83%B3%E3%82%AD%E3%83%BC%E3%82%BA%E3%80%80%E3%83%A1%E3%82%A4%E3%83%B31.jpg
「12モンキーズ」
Huluにて配信中
公式サイト //12monkeys.jp/
(c)2015 NBCUniversal All Rights Reserved.


1995年のテリー・ギリアム監督のSF映画『12モンキーズ』。
当時、私はかなり夢中になりました!
ギリアム監督ファンですし、ブラッド・ピットの本作でのイメージチェンジにはアッと驚かされたことを覚えています。
彼は、本作で演技派であることを世界に知らしめたんですよね。初めてアカデミー賞にもノミネートされたし。
ブルース・ウィリス マデリーン・ストー(近年ではTV「リベンジ」でおなじみですね)とキャストも 豪華でした。

謎が多かった映画版から20年。
TVシリーズ化された「12モンキーズ」は、“映画が残したすべての謎が解き明かされる”というから気になります!


12%E3%83%A2%E3%83%B3%E3%82%AD%E3%83%BC%E3%82%BA%E3%80%80%E3%83%A1%E3%82%A4%E3%83%B32.jpg


【ストーリー】
2043年、地球は強力なウィルスによって、人口の99%、約70億人が死滅。
地下世界で暮らす、残ったわずかな人類にも、ウィルスの魔の手が忍び寄り、滅亡の日が近づいていた。
科学者たちは、人類を救うためには、全てが始まったと推測される2015年にタイムスリップし、過去を塗り替えることが必要だと考える。
“12モンキーズ”という正体不明の組織が関係しているということを手掛かりに、主人公コール(アーロン・スタンフォード)は過去へと送られる。


12%E3%83%A2%E3%83%B3%E3%82%AD%E3%83%BC%E3%82%BA%E3%80%80%E3%82%B5%E3%83%96%EF%BC%92.JPG


12%E3%83%A2%E3%83%B3%E3%82%AD%E3%83%BC%E3%82%BA%E3%80%80%E3%82%B5%E3%83%96%EF%BC%93.JPG


コール役は、「NIKITA/ニキータ」のバーコフ役で有名なアーロン・スタンフォード

過去に旅立ったコールが出会う美しいライリー博士を演じているのは、「SUITS/スーツ」のアマンダ・シュル
SUITS」で演じているカトリーナ役とはガラッと変わって、シリアスな演技もはまっています。
私は現在、「12モンキーズ」でアマンダをかなり好きになっている最中です♪


12%E3%83%A2%E3%83%B3%E3%82%AD%E3%83%BC%E3%82%BA%E3%80%80%E3%82%B5%E3%83%96%EF%BC%94.JPG


ブラッド・ピットが演じていた強烈なキャラクターは、TV版では女性に変更され、映画『コズモポリス』のエミリー・ハンプシャーが怪演しています。


12%E3%83%A2%E3%83%B3%E3%82%AD%E3%83%BC%E3%82%BA%E3%80%80%E3%82%B5%E3%83%96%EF%BC%91.JPG


ほかにも、「NIKITA/ニキータ」「ダメージ」のノア・ビーン、「FRINGE/フリンジ」「OZ/オズ」のカーク・アセヴェドなど、人気ドラマのキャストが出演している「12モンキーズ」。

1話からグイグイ引き込まれ、続きが見たくてたまらなくなります!
映画版の頃とは、テクノロジーが進んで、映像のクォリティが高いことは言うまでもないけれど、TVドラマはもう本当に映画に負けていないなと感じます。

12モンキーズ」のイケメンチェックは、しばしお待ちを(^-^)
て言うか、私の中では男性陣よりも、アマンダが最も美しく、ずっと見ていたくなっております♪


前の記事:
「インターステラー」が衝撃的過ぎて、頭の中をのぞいてみたい監督、クリストファー・ノーラン。
次の記事:
ベン・ウィショーの魅力が全編からあふれ出す新作映画「追憶と、踊りながら」

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
https://tvgroove.biz/mt/mt-tb.cgi/2578

最近の記事

▲ TOP