祝「CSI:ニューヨーク」100話! & 「ウルフマン」記者会見 - 清水久美子のライターズ・プレイス&海外ドラマのイケメンをチェック! | TVグルーヴ オフィシャル・ブログ アーカイブ(更新終了)

清水久美子のライターズ・プレイス&海外ドラマのイケメンをチェック!


前の記事:
「バレンタインデー」はニヤリとするところが満載!
次の記事:
キャスリン・ビグロー監督「ハート・ロッカー」 アカデミー賞受賞に感激!!

祝「CSI:ニューヨーク」100話! & 「ウルフマン」記者会見

(2010年3月 4日)

CSI:ニューヨーク」がシーズン5中に、通算100話を迎えました!!
100話記念エピソード「私の名はマック・テイラー」はゲストも多く、豪華でし
た(^^)

マック(ゲーリー・シニーズ)に新しい恋の予感!? お相手を演じているのは、映画女優として活躍しているジュリア・オーモンド

JuliaOrmond.jpg
ジュリア・オーモンド Albert L. Ortega / PR Photos

被害者役で、ブルース・ウィリスデミ・ムーアの娘、ルーマー・ウィリスも出演。

RumerWillis.jpg
ルーマー・ウィリス Albert L. Ortega / PR Photos

情報提供者役で、ラッパーのネリーも。彼は数話前から出演しています。

Nelly.jpg
ネリー A. Gilbert / PR Photos

マック・テイラーと同姓同名の役には、「サンフランシスコの空の下」や「エバーウッド~」のスコット・ウルフ

ScottWolf.jpg
スコット・ウルフ Janet Mayer / PR Photos

そして、そして…

似ているけど、もしかして……と、思いながら見ていたら、
やっぱりマックの同姓同名役で、クリス・ドートリーが!!!
アメリカン・アイドル」出身で、今ではヒットチャート常連のバンド「ドートリー」を率いている彼が、ゲスト出演していたんです~♪
スコットと喧嘩しそうな勢いの、荒くれ者風の男を演じていました(*^^*)

ChrisDaughtry.jpg
クリス・ドートリー PRN / PR Photos

でも、このエピソード、見始めてすぐに犯人が分かっちゃったんですよね~。
まあ、それも100話記念のサービスってことで(^^;)
とっても豪華で楽しめた100話でした!


ちょっとここで、海外ドラマとは関係ないレポートを(^^)

映画「ウルフマン」のPRで、主演のベニチオ・デル・トロが来日し、記者会見を取材してきました。
深い眉間のしわが印象的で、苦悩する役を演じることも多いので、気難しい俳優かなと思っていたら、見事に予想を裏切られました。
すごくスウィートでチャーミング、そしてユーモアたっぷりの男性でした(*^^*)

BenicioDelToro.jpg
ベニチオ・デル・トロ Albert L. Ortega / PR Photos

ウルフマン」は、1941年の同名古典ホラーをベースに、ベネチオがプロデューサーも務めた作品です。
19世紀のイギリスを舞台に、狼男に変貌する忌まわしい運命を背負った主人公の苦悩と、愛の物語が描かれています。

彼は自分のことを「狼男に似ている」とお茶目に語り、メイクした姿は「飼っているセントバーナード犬みたいだった」と笑わせてくれました。

アンソニー・ホプキンスとの共演については、「憧れていたので一緒に仕事ができて夢のようだった」と語ってくれました。

AnthonyHopkins.jpg
アンソニー・ホプキンス David Gabber / PR Photos

私の最近のお気に入りの女優、エミリー・ブラントも素晴らしい演技を披露しています

EmilyBlunt.jpg
エミリー・ブラント David Gabber / PR Photos

個人的には、狼男に変身する前の、40年代のイギリス紳士姿のベネチオがとても素敵で、かなり心を奪われました(*^^*)

現代版として生まれ変わった「ウルフマン」。正統派のストーリーと演技、そして現代ならではの魅力も兼ね備えていて、すごく怖くて、そして目が釘付けになる作品です。
主人公の愛と葛藤にもぜひ注目してほしいです!

4月23日公開です。


前の記事:
「バレンタインデー」はニヤリとするところが満載!
次の記事:
キャスリン・ビグロー監督「ハート・ロッカー」 アカデミー賞受賞に感激!!

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
https://tvgroove.biz/mt/mt-tb.cgi/1211

最近の記事

▲ TOP