「ターミネーター4」を見て胸がいっぱいに - 清水久美子のライターズ・プレイス&海外ドラマのイケメンをチェック! | TVグルーヴ オフィシャル・ブログ アーカイブ(更新終了)

清水久美子のライターズ・プレイス&海外ドラマのイケメンをチェック!


前の記事:
ダブル・ジャック出演の映画「ワイルド・スタリオン」
次の記事:
男を上げたジョシュ!「ザ・ホワイトハウス」

「ターミネーター4」を見て胸がいっぱいに

(2009年6月17日)

私は「ターミネーター2」が本当に大好きで、何回見たか分からないほどです。
メイキング・ビデオなるものも買い、擦り切れるほど見ました(^^)
1作目ももちろん大好きなのですが、2作目は劇場に何度も足を運びました。
ちなみに3作目も、しっかり劇場で見ましたよ。

そんなわけで、「ターミネーター4」の公開をとっても心待ちにしていました!
いろいろと不安材料もありましたが、感慨深いものがありましたね。。

Terminator01.jpg
T-800(「ターミネーター4」ロサンゼルスプレミア会場にて) Albert L. Ortega / PR Photos


TVシリーズ「ターミネーター:サラ・コナー クロニクルズ」にも登場するセリフ
「Come with me, if you want to live」
も、きちんと出てきて、しかもカイル・リース(アントン・イェルチン)が言うんですよ!

AntonYelchin02.jpg
アントン・イェルチン Albert L. Ortega / PR Photos

1作目で マイケル・ビーン演じるカイルがサラ・コナー(リンダ・ハミルトン)に言ったのを思い出しますね。あぁ、マイケル・ビーン、カッコよかったなぁ。

MichaelBiehn01.jpg
マイケル・ビーン Lee Roth / RothStock / PR Photos

LindaHamilton01.jpg
リンダ・ハミルトン Scott Alan / PR Photos

2作目と同じように、ジョン・コナー(クリスチャン・ベイル)がバイク(今回はこれもターミネーター。“モトターミネーター”というそうです)に乗る際、GUNS N'
ROSES
の「You Could Be Mine」をかけるのには、グッときてしまいました。

ChristianBale04.jpg
クリスチャン・ベイル Albert L. Ortega / PR Photos

エドワード・ファーロング演じるジョンは、まだ子供なのにバイクを飛ばしてましたよね。あぁ、エドワード、可愛かったなぁ(^^)

EdwardFurlong01.jpg
エドワード・ファーロング Lee Roth / RothStock / PR Photos

余談ですが、「ターミネーター2」の公開時と、GUNS N'ROSESの黄金期は、私の青春の頂点という感じなので、チラッとでも「You Could Be Mine」がかかったのには、胸がいっぱいになりました(*^^*)

GunsNRoses01.jpg
GUNS N'ROSES アクセル・ローズ Paulo Amorim / PR Photos

シュワちゃんこと、アーノルド・シュワルツェネッガー・カリフォルニア州知事の登場(?)については、あちこちで報じられているので、知っている方も多いと思いますが、私はそのシーンでは思わず手に汗握っちゃいました。やっぱりあの曲は血が騒ぎます!

ArnoldSchwarzenegger01.jpg
アーノルド・シュワルツェネッガー Mark Rupp / PR Photos

スター・トレック」について書いた時に、アントン・イェルチンがどのようにカイルを演じるのか気になっていましたが、素晴らしい演技でした! 「Huff~ドクターは中年症候群」のバードが立派になって…と、「スター・トレック」に続いてまた感激(^^) 彼は「クリミナル・マインド」のゲスト出演でも、熱演していましたよね。

AntonYelchin03.jpg
アントン・イェルチン Albert L. Ortega / PR Photos

ジャーニーマン~時空を越えた赤い糸」のムーン・ブラッドグッドも、すごく魅力的な女性戦士ブレアを演じていました。

MoonBloodgood01.jpg
ムーン・ブラッドグッド Albert L. Ortega / PR Photos

ジョンとカイルの今後が気になる終わり方で、また続編にも期待したいです!


今回のイケメン・チェックは、本来なら主役だったはずのマーカス・ライトを演じたサム・ワーシントン

SamWorthington01.jpg
サム・ワーシントン Albert L. Ortega / PR Photos

なんとなく顔の骨格が、「ターミネーター:サラ・コナー クロニクルズ」でデレク・リースを演じているブライアン・オースティン・グリーンに似ている気がして、目が離せませんでした(*^^*) 彼もかなりタイプです !

BrianAustinGreen06.jpg
ブライアン・オースティン・グリーン Albert L. Ortega / PR Photos


前の記事:
ダブル・ジャック出演の映画「ワイルド・スタリオン」
次の記事:
男を上げたジョシュ!「ザ・ホワイトハウス」

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
https://tvgroove.biz/mt/mt-tb.cgi/816

コメント

本社一階と別館の途中……
ゴメン、思い出せない~~
成長したブライアン、ぜひTVの「ターミター:サラ・コナー クロニクルズ」でご確認ください! 第5話から登場しますので、チラッとだけでも(^^)

投稿者:しみず |2009年6月25日 16:31

視聴覚室(でもこのネーミングだったかどうかもわからなくなってきた。汗)はショールームじゃないんですよ~。
本社一階と別館(新館じゃないよ)の途中にあったような。
、、、ってどーでもいい話や~~~!!笑。
ちょっとしたシアターになってたよ~。
ブライアン男前なのね~。ビバヒルの情けないイメージしかついていない。。。。

投稿者:tanuki |2009年6月25日 14:27

tanuki、お久しぶりです! 視聴覚室? ショールームのことかな!?(^^)
ブライアン、男前だからなぁ。実物、すごい素敵だったよ~。でもミーガン・フォックスはホント旬だもんね。そんな女優さんと付き合えるとは!

投稿者:しみず |2009年6月24日 23:56

おひさです~。T2の昔のすごさを思い出します。会社の視聴覚室でも見ましたよ!!笑。
T4も見られる機会があったら見たいです。トランスフォーマーに出ているミーガン(めーガン?)フォックスはブライアンオースティングリーンと付き合ってるんですねえ。知らなかった~。
旬な彼女とつきあえてるなんて、ブライアンすごいぞ。

投稿者:tanuki |2009年6月24日 20:58

usagyさんが近くにいらっしゃったらいろいろ語り合いたいです~(*^^*)
このコメントを書いている時点でまだサム・ワーシントンの写真は入っていないので、早く素敵な写真を入れてくださると嬉しいなぁ♪
でも、彼はもう出ないですよね~。アレがなくなってしまったのだから。。
名セリフのシーンでは、思わず「わぁ」と声を出しちゃうほどでした!
続編(ありますよね!?)では、ジョンがどのようにカイルを過去に送るのか、それがポイントでしょうか!?

投稿者:しみず |2009年6月18日 17:21

私も2週間ほど前に見てきましたー!
マーカス役のサム・ワーシントンがストライクど真ん中でした(笑)。
清水さんと同じく、私もアントン・イェルチン演じるカイルが「Come with me, if you want to live」と言ったシーンでは、一人座席で悶えてしまいました。
以前のターミネーター映画をリアルタイムで見ている世代としては、セリフや展開の一つ一つが琴線に触れる感じで楽しめました。
カイルとジョンの今後がホントに気になりますね!続きが楽しみです。

投稿者:usagy |2009年6月18日 16:19

最近の記事

▲ TOP