金融不況からメディア不況へ - ぐるぐる海外ドラマBLOG TVGROOVE.comの社長日記 | TVグルーヴ オフィシャル・ブログ アーカイブ(更新終了)

ぐるぐる海外ドラマBLOG TVGROOVE.comの社長日記


前の記事:
TVGroove.com 携帯版ができました!
次の記事:
マーケティングの時代

金融不況からメディア不況へ

(2009年2月10日)

いよいよタイム・ワーナーやニューズ・コープといった巨大メディア企業も大幅な減益や赤字を発表しはじめました。予想はしていましたが、メディア、エンターテイメント業界も今回の不況ではかりしれない打撃を受けることは間違いないでしょう。
 
すでに、アメリカの大手新聞会社が倒産しましたし、日本でも新聞、雑誌、テレビ、ラジオなど、広告を主要な収益源としている業種はすべて苦しいと思います。特に出版業界は比較的規模の小さい会社が多く、ここ数年続いている雑誌の休刊、廃刊のペースは今年はいっそう加速するのではと思います。
 
そうなると、経済はすべてつながっていて、影響は上から下へと順番に伝わってきます。テレビ局や出版社の不況が、制作会社、編集プロダクション、印刷会社、書店、アナウンサー、編集者、ライター、デザイナー、イラストレーター、カメラマンなど、多くの関係する企業や個人に及びます。しかも時間とともにじわじわと真綿で首を絞めるような感じで効いてくるので、なかなか抜本的に解決策を考えようという機運にもならないので、余計、たちが悪いですね。
 
絶対的なピンチに立たされないためにするべきことはやはり自己防衛ということになりますが、どうやって自己防衛するのか?エントリーをあらためて続けてみたいと思います。
 
清水裕一

海外ドラマを見るならJ:COM(ジェイコム)。
今なら情報満載の資料無料進呈中!!


前の記事:
TVGroove.com 携帯版ができました!
次の記事:
マーケティングの時代

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
https://tvgroove.biz/mt/mt-tb.cgi/640

最近の記事

▲ TOP